ここから本文です

ソニー平井社長に批判続出――高額報酬以外の「収入」もターゲットに(選択出版)

7/12(水) 9:30配信

選択

 業績好調のソニーの平井一夫社長に思わぬ形で「NO」が突き付けられた。
 きっかけは、六月に開催された株主総会。取締役十二名の選任に対して、「平井社長への反対票が百万票以上に膨れ上がる想定外の結果になった。二番目に反対票が多かったのはCFOの吉田憲一郎氏だが、それでも五十万票ほどで、ダブルスコアでのワースト得票だった」(ソニー社員)。実際、株主総会では一部株主から厳しい質問が飛ぶシーンが見られた。
 それだけではなく、「いま批判の的になっているのは平井社長の報酬問題」(別のソニー社員)。平井氏は年間報酬五億一千四百万円を受け取るが、「実はそれ以外にフリンジ・ベネフィットなどの名目で一千三百万円を受け取っている」(同前)。これは福利厚生費のようなもので、外国人役員らが受け取っているが、「在米勤務が長い平井氏は、執務の中心は日本でありながら外国人扱い。例年支給されているが、いい加減に辞退したらどうか、という声は年々高まっている」(アナリスト)。株主総会での平井社長への賛成率は、取締役中でただ一人九〇%割れだった。「今年度は強気な経営目標を掲げているが、これを達成できなければ来年はさらに反対票が膨らみかねない」(同前)。平井退陣への予兆が見え始めた。

選択出版(株)

最終更新:7/12(水) 9:30
選択

記事提供社からのご案内(外部サイト)

三万人のための情報誌「選択」

選択出版株式会社

2017年8月号
毎月1日発行

年間購読料:12,000円

卓越した分析・解析を施し、単なる評論には
終わらない先見性をもった内容で、読者の
ニーズに応える、三万人のための情報誌。
 
8月号の記事タイトル(一部)