ここから本文です

本当にあった怖い「別れ際の泥沼エピソード」11

7/12(水) 12:00配信

コスモポリタン

別れの渦中にあると、普段なら考えつかないような奇行に走ってしまいそうになるもの…。コスモポリタン イギリス版によれば、オンライン掲示板の<AskReddit>に投稿された「別れ際に元恋人にされたもっともクレイジーなことって?」の回答がとにかく恐ろしい…。

お客は彼の浮気相手?! 女性タクシー運転手のツイートが話題

※()内はハンドルネーム

1.「彼女が僕のヌード写真を僕の家族、友人、同僚に送りつけた。写真を撮ったのは25歳のとき、当時はいい体をしていたから恥ずかしくはなかったことが不幸中の幸い。逆に当時の体を褒められた。しかも、上司からも。彼女の目論見は見事に外れたね」(MarloBarksdale)


2.「彼は、私が昔彼に書いたラブレターからアルファベットを切り抜き、それを組み合わせて別れたくないと懇願の手紙を作成。それはまるで、身代金要求の手紙。しかも、私の仕事場に届けてくれたわ…」(thymeconsuming)


3.「別れた後、ある男性が数カ月に渡って怒りに満ちたメッセージを送り続けてきたの。内容は『お前はビッチだ』とか…。でも、付き合ったのはたった2週間なのよ!」(lovetempests)


4.「彼が複数の女の子と浮気をしていたことを問い詰めたら、仕返しに私の車にスプレーでペニスの絵を落書きされた」(sarbot88)


5.「私の靴を盗んだ。飛行機に乗れなくさせるために」(TheMeatMenace)


6.「彼女とは2年同棲したんだけど、上手くいかなくなって彼女が家を出ることに。自分の服、TV、台所用品だけ持っていきたいと言う。…そして、その2週間後に帰宅したら、部屋はもぬけの殻だった。間違えて他人の部屋に入ったかとさえ思った。なんと、彼女は僕の服と水槽以外、すべての物を持ち出したんだ」(Damocles2010)


7.「彼女が自殺を装った。彼女は母親のふりをして僕にテキストメッセージを送り、彼女が自殺してしまったと伝えてきた。最悪の状況だったよ」(EternalCamper)


8.「日記は2人が借りていたトランクルームに保管していた20年間書き溜めていた日記が見つからなくて…数カ月、狂ったように探し続けた。彼が私の日記をすべて読んだ上、燃やしてしまっていたの。後で焼かれた焼却炉の写真を観たら、私が書いた日記のページが写っていたことで判明」(oceansparkmick)


9.「彼が日本語を勉強し始め、テレンス・マッケナ(アメリカの思想家)のポッドキャストを聴き始めた。そして『ポジティブシンキング』にどっぷりのめり込んだの。今では正常になったけど」(Ninjanija)


10.「なんの説明もなく、彼が歌うカントリーソングのカバーCDを作ってくれた。最後の10分間、私がいかに彼の心をズタズタにし、彼をメチャクチャにしたかということを大声でボヤいていた」(deyounsc)


11.「彼女はナイフを取り出し、僕のマットレスの3分の1部分を切り離そうとした。買ったとき、彼女が多少カンパしてくれたから…その分なんだと思う」(joshconan)

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:7/12(水) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ