ここから本文です

松居一代の離婚騒動に学ぶ「夫の不倫を正しく糾弾する方法」

7/12(水) 6:05配信

女性自身

「映像の公開は、墓穴を掘る行為といえます。船越さんへの営業妨害や、名誉棄損になりかねません」と語るのは、離婚問題に詳しい外岡潤弁護士だ。

船越英一郎が申し立てた松居一代との離婚調停は7月にも始まるとされているが、その前に松居はブログやYouTube動画などで“夫の不倫”を強く糾弾。だが感情に任せたこれらの行為は、離婚上きわめて不利に働くという。ではいったい、どうすればいいのか。そこで本誌は“夫が不倫をしたときに正しく糾弾する方法”を徹底取材!まずこれまで2万人の離婚相談をしてきた離婚カウンセラーの山崎世美子さんは、最初のステップをこう語る。

「離婚したい場合もしたくない場合も共通して言えるのは“証拠の保全”は必ずすべきだということ。夫の浮気は行動の変化から読み取れます。携帯をよく見ている、仕事が忙しくなる、身体を鍛え始める、イベント前後で新しい小物が増えるなどの兆候は要注意です。バイアグラやコンドームの数を数えておく人もいますね。証拠を見つけたら、その日の出来事を事務的に日記として残すようにしましょう」

その上で離婚したいのであれば、次に考えるのが“離婚後のお金の確保”だ。

「離婚後に母子家庭となる場合、貧困に陥る可能性もあります。だから衝動的に離婚してはいけません。婚姻期間中に稼いだお金は、基本的に夫婦で折半します。だから夫に稼ぎがあるのなら、結婚期間を長引かせて次の生活の見通しを立てましょう。その間に夫の預貯金を調べます。不倫慰謝料を取る際の目安になるからです。あとは職業など、不倫相手の詳細を特定します。写真が手に入ったら、複写して取っておく。不倫相手に配偶者がいれば、さらに慰謝料を取りやすくなります。あと養育費は5年もすれば滞るケースが多いです。全額分割ではなく、最初に半額だけでももらっておいたほうがいいでしょう」

また、いざ調停や裁判になった際に必要なものについて前出の外岡潤弁護士が語る。

「最高裁は、憲法判断しかしないため、事実上、高裁までです。事実関係について争いはしますが、結局お金の問題に収束します。相手に不貞行為があるなら日記につけるのも重要ですが、ICレコーダーなどで夫婦の会話を秘密録音することも有効です。確定的な証拠がある分、慰謝料が上乗せできる可能性があるからです」

あくまで冷静に。それこそが“正しいお作法”なのです。

最終更新:7/12(水) 6:05
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2791号・9月19日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子誕生!
中村七之助 恋人と極秘婚前旅行での急接近ぶり
有村架純 ひよっこ打ち上げ“3つのサプライズ