ここから本文です

最新ドラレコ対決 液晶画面と「駐車中録画」に差

7/12(水) 11:50配信

NIKKEI STYLE

 ドライブレコーダーの市場が右肩上がりに伸びている。調査会社のGfKによると、16年の国内販売台数は前年比29%増の79万台。高齢者による自動車事故の報道や、高機能モデルが普及価格帯になりつつあることなどを背景に、3年前と比べて約3倍に拡大したという。そこで最新モデルのなかで特に注目されている高解像度カメラや運転支援機能を搭載した製品を比較した。

 最近のドライブレコーダーの主流は、クルマのエンジンをかけると電源がオンになり、自動で録画を開始する「常時録画」タイプ。メモリーに映像を上書きし続け、事故の衝撃をセンサーで検知した場合には、その後の一定時間のデータを別途保存してくれる。今回比較したJVCケンウッド(以下、ケンウッド)の「DRV-610」と、ユピテルの「DRY-ST7000c」は、いずれもフルハイビジョンを超える3Mクラスでの動画撮影に対応したモデル。フロントガラスに取り付け、シガーソケットなどに電源ケーブルを接続して使うタイプだ。

 両者の基本機能には大きな差はないが、録画機能で違いが出たのが駐車中の挙動。ケンウッドは本体にバッテリーを内蔵しているため、駐車中でも約15分間(32GBメモリーの場合)の録画ができる。コンビニやサービスエリアなど、クルマから短時間離れる際の防犯対策で重宝しそうだ。ちなみに、どちらのモデルも別売りの車載電源ケーブルを使えば長時間の駐車中録画が可能になる。

 ここ最近のトレンドである運転支援機能にも対応。前方の車両との距離を検出して警告を出す「前方衝突警告」や「車線逸脱警告」「発進遅れ警告」といった、いざというときだけでなく、普段の運転でも役に立つ機能が多い。

 実際に約100km走行してみて感じたのは、ケンウッドの運転支援機能のシビアさ。やや敏感すぎる印象で警告がこまめに表示された。煩わしく感じることもあるが、例えばシニアドライバーなど、運転中の不注意を減らしたい人には向きそうだ。

 基本的な操作性はどうか。機能ボタンとメニュー選択ボタンが分かれており、比較的操作しやすかったのはケンウッド。録画ボタンがオレンジ色で目立ち、手動でのイベント録画を開始しやすかった。

1/2ページ

最終更新:7/12(水) 11:50
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。