ここから本文です

吉岡里帆さんがナビゲート☆ 故郷・京都でおすすめのお寺&カフェはココ! [with]

7/12(水) 12:02配信

講談社 JOSEISHI.NET

「暮らしてきたからこそ知る京都の魅力をお伝えできれば」。京都市右京区出身。女優として本格的にブレイクを果たす前まで約20年間、古都の空気を吸い続けてきた吉岡里帆さん。with8月号では、雑誌では初めて自身のルーツでもある『奥深き文化都市』を案内します──。

私が特にすすめたい「京のエアポケット」的寺 『南禅寺』

自然があふれる南禅寺に来ると心がとても落ち着きます
「昔、家族とよく来ていて、ここの疏水水道橋で撮った子供の頃の写真もあったりします。東山に住んでいる友達がいて、そのコの家に遊びに行くと南禅寺をぷらぷら散歩することも多く、何かと縁のある、好きな場所の一つ。一歩一歩踏みしめるごとに『ミシミシ』と鳴る方丈の木造の回廊。そんな音まで楽しみながら、一人静かに国指定の名勝である方丈庭園を眺めるのも特別な時間。心が浄化される気がします。実は今回初めて三門の上に登り寺全体を眺めたんです。素敵な仏閣は他にもいっぱいあるんですけど、あらためて緑の多さでは、京都随一の場所なんだなと実感しましたね」

「ここから庭園をボーっと眺めるのが好きなんです」

「三門を登れば、寺全体が見渡せる絶景が広がってます!」

臨済宗大本山 南禅寺 住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町

友達が遊びにきたらゆったり「女子トークしたい!」お店 『HiFi Cafe(ハイファイカフェ)』

静かな時間を楽しみながら、本を片手にコーヒーブレイク
「京都と言えば、『町家カフェ』ですが、なかでもこちらのコーヒーの美味しさは本当に衝撃を受けます! ミルクコーヒーをオーダーしたんですが、豆はそれ用に焙煎したものなんだそうです。店主の方が一杯一杯丁寧に15分もかけて淹れてくださるなんて最初は少し驚きましたが、この味を知ってしまったら『それを待つ時間さえ幸せ☆』。民家をそのまま開放した畳の店内もとても落ち着き、店主の方がコレクションする本とレコードを手に取りながら、ゆっくりと時間の流れを楽しめます。好きなものに囲まれコーヒーを丁寧に淹れる店主の方を見ていたら、とても羨ましくなりました。店主の方の朴とつとした雰囲気も素敵で、この方で1本映画が撮れるような気がしちゃった♪」

「なんだか興味深い本を見つけちゃってついつい熟読」

吉岡さんが選んだ本をのぞき見!
『ガケ書房の頃』は、京都で人気の本屋さんが存続危機から持ち直す話を描いた一冊。

HiFi Cafe 住所:京都府京都市中京区藤木町41-2

with 2017年8月号より