ここから本文です

「子連れ」だからこそできる旅をしよう!【トラベラーたちに聞く旅ハック術】

7/12(水) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

このシリーズでは、世界各地を旅するライフハッカー[日本版]のライター・寄稿者たちが、これまでの経験で培ってきた「旅ハック術」をご紹介します。

【画像】「子連れ」だからこそできる旅をしよう!

堀込泰三(ほりこみ・たいぞう)

在宅で翻訳をしながら2児を育てる兼業主夫。大手自動車メーカーでエンジニアとして働いていたが、長男誕生をきっかけに主夫の道へ。毎年夏には「男子3人夏物語」(ライフハッカーでレポート記事も執筆)と称し、2人の息子(10歳・5歳)と約1カ月の旅に出ている。著書に『子育て主夫青春物語』(言視舎)がある。

1. 旅歴(行った国数、思い出に残っている国・都市など)を教えてください。

1人で:

メキシコ、キューバ、ジャマイカ、アメリカ、カナダ、タイ、ラオス、ミャンマー、ベトナム、シンガポール、インドネシア、香港など

男子3人夏物語:

2012(出発時5歳3カ月+0歳11カ月):沖縄本島周辺30泊31日(宮古島、伊計島、古宇利島など)

2013(6歳4カ月+2歳1カ月):奄美大島周辺23泊24日(奄美大島、加計呂麻島、与路島、種子島、屋久島、桜島)

2014(7歳4カ月+3歳1カ月):八重山周辺23泊24日(石垣島、竹富島、鳩間島、黒島、波照間島、西表島、与那国島、小浜島)

2015(8歳4カ月+4歳1カ月):鹿児島~沖縄本島を船旅27泊28日(徳之島、加計呂麻島、請島、沖永良部島、与論島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、種子島、水納島)

2016(9歳4カ月+5歳1カ月):東南アジア~八重山(香港、タイ、ラオス、石垣島、竹富島、鳩間島、黒島、波照間島、西表島、小浜島)

2017:未定

2. 1人旅派ですか、グループ旅行派ですか? その理由も教えてください。

1人旅派です。現地で知り合った人と仲良くなるのが楽しいので。ただ、子どもが生まれてから1人旅は難しくなったので、3人旅をしています。宿を決めずにその日の気分で動き回るので、気分としてはあの頃の1人旅と変わりません。いえ、予想外のハプニングが続出なので、あの頃よりもっと楽しいと言えるでしょう。

たとえば、毎年行きと帰りの飛行機以外は何も決めずに出かけます。現地に着いてから、子ども(主に長男)が地図などを見て次の行き先を決めます。その際の決め手は、「島のカタチ」だったり「島名の漢字」だったりとさまざま。

たとえば「形がフライドチキンみたい」という理由で沖永良部島に行ったことがありました。別のときは、「なんか青そう」って理由で請島に行きました。

自分では絶対にしないようなチョイスをしてくるので、思いもよらぬ景色や人に出会えるのがとても楽しいです。サイコロの旅みたいなものですね。これぞ、親子3人旅の醍醐味です。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。