ここから本文です

ふともも写真家の人気個展が名古屋に上陸

7/12(水) 22:00配信

KAI-YOU.net

ふとももをモチーフにした作品で知られる写真家・ゆりあさんの個展、「ふともも写真の世界展 南国編 in 名古屋」が2017年8月1日(火)から月27日(日)まで、名古屋のアートスペース A-1で開催される。

【「狂気さえ感じた」過去のふともも写真展】

ゴールデンウィークに東京会場で開催された「南国編」が、地方巡回展として名古屋に初上陸。

グアムで撮影された最新作や東京未公開作品、最大3メートル超えの巨大展示など、500点以上、およそ1,000脚のふとももが会場を埋め尽くす。

天井から3メートル超えの巨大ふとももが

名古屋で開催される「南国編」では、眩しい太陽、白い砂浜、色鮮やかに映えるビキニ、水が滴るショートパンツなど、南国の地・グアムで撮影されたふとももたちがはじける。

初めて展示される3メートル以上の大型ふとももは、吹き抜けのある施設の構造を活用して、天井から垂れ下がるように展示される。

ふとももを出してビーチ越しに写真が撮れるスペースや、2016年開催時に好評を博しカムバックを果たした「360°ふともも空間」など、様々なふとももアートの世界が広がる。

会場内に設けられた物販では、新作Tシャツ、トートバッグ、ポーチのほか、南国編にバージョンアップした公式図録(数量限定)、さらにレザーブランド・OJAGA DESIGNとコラボレートした最新キーケースも販売される。

累計で3万人を動員するフェティシズムアート

2011年から本格的にふとももを撮り始めたゆりあさんは、3年後のデザインフェスタ出展を機に注目を集め、これまでに6冊の写真集を発売。

作品展「ふともも写真の世界展」は、2015年の初開催から6回開催され累計で3万人を動員。フェティシズムの追求からアートへ表現された作品は、性別や嗜好を超えて人気を集めている。

恩田雄太

最終更新:7/12(水) 22:00
KAI-YOU.net