ここから本文です

バルサ、U20ブラジル代表MFをレンタル移籍で獲得。Bチームからのスタートへ

7/12(水) 15:20配信

フットボールチャンネル

 バルセロナが現地時間11日、ブラジル1部・パルメイラス所属のMFヴィチーニョの獲得を発表した。

 現在19歳のヴィチーニョは若くしてバルセロナとの契約を勝ち取った。契約内容は2018年6月までの買取りオプション付きのレンタル移籍、買い取る場合は1200万ユーロ(約15億円)の移籍金が発生するようだ。なお当面はBチームでのプレーとなるものの、水曜日から始動するプレーシーズンは、エルネスト・バルベルデ新監督率いるトップチームに合流することとなっている。

 バルセロナの公式サイトは、ヴィチーニョを「縦に速く創造性がある選手で、相手を抜いて前線の選手に素晴らしいアシストを供給することができる」と評価している。さらにトップ下、右のインサイドハーフを主戦場とする同選手は、各世代でブラジル代表に選ばれており、クラブ側の期待も大きいだろう。

 昨季3年ぶりに2部リーグへと昇格したバルセロナBでは、既にトップチームデビューを飾っているMFカルレス・アレーニャやMFウィルフリード・カプトゥームら才能ある若手選手と定位置を争うこととなる。ヴィチーニョとしてはその中で十分な成績を収め、来年の買取りオプションの行使につなげたいところだろう。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)