ここから本文です

FC東京、新外国人一挙3人を獲得。韓国代表チャン・ヒョンスは3年半ぶり復帰

7/12(水) 17:57配信

フットボールチャンネル

 J1のFC東京は12日、U-23タイ代表MFジャキット・ワチピロム、ブラジル人MFリッピ・ヴェローゾ、韓国代表DFチャン・ヒョンスの新外国人選手3人の獲得が決定したことを発表した。

【動画】福西崇史がJ1前半戦を総括。浦和、広島、FC東京…苦戦の要因を分析

 ジャキットはタイのバンコク・ユナイテッドFCから期限付き移籍で加入。契約期間は7月11日より今年12月31日までとなる。今年3月にFC東京の練習に参加していた20歳のアタッカーは、背番号52で正式に加入することが決まった。

 リッピ・ヴェローゾは20歳のブラジル人MF。ボタフォゴ、サントス、コリンチャンス、フラメンゴ、パルメイラスとブラジルの強豪クラブでのプレーを経験してきたという同選手は、「エネルギッシュで気持ちの入ったプレーをファン・サポーターのみなさんに観ていただきたいと思っています。一日でも早くFC東京の一員としてプレーし、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」と加入に際してコメントしている。背番号は51番となる。

 25歳の現役韓国代表であるチャン・ヒョンスは、2012年から13年までFC東京で2年間プレーした経験があり、久々の古巣復帰となる。2014年にFC東京から広州富力へと移籍し、中国で3年半プレーしていた。背番号は14番と発表されている。

「3年6ヶ月ぶりに帰ってくることができました。こうして再びFC東京のチームの一員となることができて、本当にうれしく、幸せです。最高のファン・サポーターの前で、最高のチーム、最高の選手たちと一緒にサッカーができる喜びを感じています。FC東京が優勝できるよう最善を尽くしたいと思います」とチャン・ヒョンスは古巣サポーターとの再会を喜んでいる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)