ここから本文です

1食で野菜100g以上! 夏バテ予防にしっかり食べたい「野菜たっぷりおかず」【作ってみた】

7/12(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 7月に入り、連日30度を超える日が続いていますが、夏バテは大丈夫ですか? こう暑いと、食欲も落ちてきてしまうのも仕方ないですが、夏バテに負けないためにはやはりしっかりした食事、特に、健康のことを考えるとたっぷり野菜は摂っておきたいところ。そんな時に使える『レタスクラブ 読者が選んだ“くり返し作りたい”「野菜たっぷりおかず」がギュッと一冊に!』(KADOKAWA)が発売となりました。

 同書は、創刊30周年を迎えるレタスクラブで人気の「くり返し作りたいシリーズ」の第2弾。特に読者からまた作りたい!と反響が大きかった「野菜たっぷりおかず」ばかりを紹介しているので、美味しいのはもちろん、簡単に作れて栄養もバッチリです。今回はこの中から旬の野菜や、今注目度が上がってきている野菜などを使った3品を実際に作ってみました。

◆トマトのうま味が凝縮された「トマトと豚肉の香味炒め」(P.16)

 サラダ油を熱したフライパンに豚こま切れ肉を入れ、しっかり焼き色がついたら、玉ねぎを加えてさっと炒め、一度取り出します。続けてトマトを入れて水分をとばしたら、先ほどの豚肉と玉ねぎを戻し、みょうが、おろししょうが、おろしにんにく、しょうゆ、みりんを加えて、少しとろみがつくまで炒め合わせれば完成です。

 1品目は今まさに旬を迎えている真っ赤なトマトを使ったレシピです。トマトは生で食べてももちろん美味しいのですが、火を入れると酸味がとんでうま味が凝縮され、また違った味わいがあります。そんなトマトに、しっかり焼いて香ばしくなった豚肉、薬味が効いた合わせ調味料、たっぷりのみょうがが合わさることで、全体的にさっぱりした炒め物になっていました。炒め物はこってりしたものが多く、夏場は敬遠しがちですが、これならいくらでも食べられそうでスタミナもつきますよ。ちなみに、トマトを炒める際は、しっかり水分をとばしてから豚肉と玉ねぎを戻し入れることで、水っぽくならずに仕上がるそうです。

◆栄養豊富な豆苗がたっぷり「豆苗と鮭の香味蒸し」(P.31)

 耐熱皿に鮭を並べ、酒をふり、ねぎ、しょうがをのせたらラップをして600Wの電子レンジで約3分半加熱します。ここに、豆苗を全体に広げ、再び600Wで30秒加熱したら器に盛ります。フライパンで熱したごま油と、酢、しょうゆ、豆板醤を合わせたたれを回しかければ完成です。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい