ここから本文です

何と野生のベリーが摘みたい放題! エストニアの自然豊かな国立公園

7/12(水) 12:01配信

CREA WEB

Magnificent View #1308ラへマー国立公園(エストニア)

 エストニアというと、首都タリンの旧市街が有名だが、実は国土の半分が森に覆われた、自然豊かな国だ。

 都会からも少し足を延ばせば、豊かな大自然を見ることができる。そのひとつが、タリンから約70キロの東のラクベルにあるラへマー国立公園だ。

 ここには約4000年前から人が定住していたとされているが、今も森や海岸、湿原など手つかずの自然が残され、多くの動物が生息している。

 タリンからは車でわずか約1時間半。かつての貴族の邸宅を改造したマナーハウスに泊まり、湿原をトレッキングするレジャーも人気を集めている。

 7月の楽しみは、なんといっても森の中に実る旬のベリーだ。エストニアは私有地でない限り、野生のベリーは取りたい放題。これをお目当てにやって来る人もいるという。

芹澤和美

最終更新:7/12(水) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいものから定番の名品まで
贈りものバイブル。

47都道府県手みやげリスト
カイ(EXO)「大人のような少年のような」