ここから本文です

クレイドルの銀座新店で「ペルソール」VS「モスコット」

7/13(木) 11:06配信

WWD JAPAN.com

 アイウエアのセレクトショップ「オプティカルテーラー クレイドル(OPTICAL TAILOR CRADLE、以下クレイドル)」は、6月19日にオープンした銀座店で、イタリアの「ペルソール(PERSOL)」とアメリカの「モスコット(MOSCOT)」のフェアを7月30日まで開催中だ。

 「ペルソール」は1938年、イタリア・トリノで創業。ブランド名はイタリア語で「太陽のため」を意味し、太陽光線から目を守るという思いを込めている。一方、「モスコット」は15年、ニューヨークで創業され、モスコットファミリーが伝統を受け継いでいる。両ブランドともイタリア、アメリカを代表する老舗だ。

 「クレイドル」の強みは、夏目光教オーナーこだわりのセレクト力にある。「1995年の創業時、まだ本当に少なかったアイウエアのセレクトショップをスタートした頃からコンセプトは“ファッションとしてのメガネ”だった。銀座店でも、もっとも力を入れたのは商品のセレクト。ハイファッションな高級ブランドから新進気鋭のドメスティックブランドまで、多くの人がそれぞれの感性でファッションとしてのメガネを楽しんでいただけるようにセレクトしたアイウエアを盛り沢山詰め込んだ」と話す。

 同店は、オリジナルブランド「エフェクター(EFFECTOR)」を始め、「トム フォード アイウエア(TOM FORD EYEWEAR)」「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」「リンドバーグ(LINDBERG)」など国内外のブランドを販売している。「クレイドル」は名古屋に本店を構え、青山・骨董通りにも店舗を持つ。

最終更新:7/13(木) 11:06
WWD JAPAN.com