ここから本文です

ミランが練習試合で“新10番”をお披露目 本田から栄光の背番号を継承するのは…

7/13(木) 6:40配信

Football ZONE web

今オフの補強の目玉であるチャルハノールが、ルガーノとの練習試合で10番を着用

 レバークーゼンからACミランに移籍したトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、新シーズンで「背番号10」を託される可能性が浮上した。初の練習試合で10番をつけたもので、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「チャルハノールが10番」と特集している。

ブンデスリーガ最強FKキッカー…チャルハノールの超絶フリーキック集

 中国資本となり、大型補強を敢行した“チャイナ・ミラン”がついにその姿を現した。

 ミランは11日にスイス1部のルガーノと練習試合を実施し、4-0で勝利を収めた。新戦力のアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、スイス代表DFリカルド・ロドリゲス、コートジボワール代表MFフランク・ケシエ、イタリア代表FWファビオ・ボリーニがスタメンに名を連ねるなかで、補強の目玉であるチャルハノールも4-3-3の左ウイングで出場。その背中には、栄光の10番が燦然と輝いていた。

 華麗なテクニックとブンデスリーガ最強FKキッカーと呼ばれた飛び道具を誇るチャルハノールは、45分間のプレーで見せ場は少なかったが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は「ハカンはどこでもプレーできる選手。高いクオリティー、高いモチベーションを持っている。まだフィジカル的には成長しなければならないが、ボールをスライディングで奪いに行ったプレーも見た」と評価している。

地元紙は前10番の本田についても言及

 記事では「10番が戻ってきた」と報じているが、同時に過去3年半にわたって所属した前任者の日本代表FW本田圭佑もクローズアップされ、“悲運の10番”として扱われている。

「昨シーズンのミランの10番は、“悲しいサムライ”本田のジャージの下に隠れていた。10番はわずか8試合しか日の目を浴びなかった。そして、この日本人は契約が切れて別れの挨拶をした。10番は空いていた」

“新10番”の筆頭候補となったチャルハノールは、過去の契約不履行から公式戦で4カ月出場停止を受けていた影響で、まだまだトップフォームではない。まずは、7月27日に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選を目指してコンディションを高めることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(木) 6:40
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新