ここから本文です

本格的VRより先に、YouTubeは「180度」の新フォーマットで市場を攻める

7/13(木) 7:31配信

WIRED.jp

仮想現実(VR)コンテンツは制作コストがかかり、視聴するにもハードルが高い──。そうした“弱点”を、ほぼ克服した動画フォーマットをユーチューブが開発した。この「VR180」と呼ばれるYouTube向けフォーマットは視野を180度に限定したもの。2D動画と本格的なVR動画との狭間で、いったいどんな世界が広がるのか。

facebookのVR動画への野心と巨大市場への意気込み

よく出来た仮想現実(VR)は、リアルで没入感のある刺激的な体験だ。視聴者の周囲をぐるりと囲むだけの360度動画でさえ、その場にいるかのような感覚をそれなりに得られる。しかし、VRのコンテンツを成功させるには、途方もないコストと時間、そしてスキルが要求される。おまけに、それを楽しめる機器をもっている少数の人々にしかリーチできない。「今年はVRの年になる」などと声高に叫ばれてきたにもかかわらず、その準備はまだ整っていないのだ。

ユーザーが集まる場所になることを目指すYouTubeは2017年6月、没入型コンテンツの制作を大幅に簡素化できるようフォーマット「VR180」を発表した。VR180用のカメラも2017年の冬、韓国のLGと中国のレノボとYIから発売される予定だ。

2Dと本格VRの「中間地点」を狙う

VR180の狙いは、現在の2D動画と未来の没入型インタラクティヴ動画の中間に、新たな市場を拓くことにある。もちろん厳密には、VR180は仮想現実と呼べるものではない。より正しい言い方をすれば、立体視の一種であるステレオスコピック3D方式で180度動画をレンダリングするものだ。

画像はユーザーの視界より広く表示されるので(約135度)、全景を見るには頭を少し動かさねばならない。ステレオスコピック技術によって奥行き感とサイズ感を得られるが、たとえ最高の状態でも、ドームシアターに座って頭上の夜空を見上げているような感覚だ。というのも、振り向くと、そこは黒一色なのだから。

YouTubeでVRプロダクトマネージャーを務めるエリン・ティーグは、VR180の利点は使いやすさだと述べる。新しい編集技術を覚える必要もなければ、「カメラの背後にあるもの」に神経を使う必要もない。また、視聴者に対して、スマホの動かし方や、ラップトップ上で動画をドラッグする方法を教えて時間を無駄にする必要もない。

VR180の動画をスマホで見ると、少し平らになっていたり伸びていたりするが、たいしたことはない。「見た目はYouTubeのサイトにある動画とまったく同じです」とティーグは語る。「あたりをぐるっと見回す必要も、スマホを動かす必要もありません」。グーグルによるVRヘッドセット「Daydream」にスマホをセットすれば、映像が視界いっぱいに広がるのだ。

1/2ページ

最終更新:7/13(木) 7:31
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc