ここから本文です

チーズさんに聞く種類別のチーズのおいしい食べ方

7/13(木) 8:15配信

@DIME

チーズといえば、お酒のおつまみからサラダ、料理のトッピング、スイーツまでさまざまな用途で食べられている。しかしチーズといっても「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」など、さまざまな種類がある。そこでチーズの種類の違いや魅力、美味しく食べる方法を探ってみよう。

■人気のチーズは?

チーズの数ある種類の中でも、今、人気なのはどんなチーズなのか。とくにお酒のおつまみやパーティーのちょっとした軽食などではどんなチーズが好まれるのかみてみよう。

一般社団法人日本ホームパーティー協会の「2016年 チーズに関するアンケート」によれば、ホームパーティー好きな人の中では、次のチーズが好まれていることが分かった。

1位「カマンベールチーズ」87.0%
2位「モッツァレラチーズ」75.9%
3位「ブルーチーズ」53.7%
4位「ゴーダチーズ」35.2%
5位「マスカルポーネチーズ」31.5%

それぞれ異なる味わいや食感が楽しめるチーズが出そろっている。果たして、どんな違いがあるのだろうか。

■チーズの種類とおすすめの食べ方

そこで上位5位に挙がっていたチーズを元に、チーズの分類を確認しておこう。そして、それぞれチーズの種類の特徴と共に、その魅力とおすすめの食べ方を、チーズプロフェショナルの資格を持つフードコーディネーター圓子チーズさんにアドバイスしてもらった。

●カマンベールチーズ
⇒「白カビタイプ」:表面に白カビを繁殖させて熟成させたもの。

○魅力とおすすめの食べ方

「カマンベールはやわらかい食感が特徴で、大きく分けると2つのタイプがあります。

ひとつはチーズを加熱処理したもの、熟成が進んでいないので扱いやすく、穏やかな味わいです。カナッペやフライなどカジュアルに楽しめます。

もうひとつは仏ノルマンディー産の伝統的に作られたものです。しっかりした塩味・旨味があり、日々熟成するので食べ頃を決めることができます。リンゴやシードルを合わせるのが現地流。またカマンベールフォンデュがおすすめです。カマンベール上部をカットしてレンジで溶かすだけの簡単料理です」(圓子チーズさん)

●モッツァレラチーズ・マスカルポーネチーズ
⇒「フレッシュタイプ」:乳に酵素や乳酸菌を加えて固め、水分を抜くだけで熟成させないもの。

○魅力とおすすめの食べ方

「みずみずしく優しい味わいが特徴です。モッツァレラはトマトとの相性がよく、中でもカプレーゼが有名です。また熱を加えると伸びる特性があり、味も広がるため、ピザや野菜のオーブン焼きにもいいです。

マスカルポーネは脂肪分が高く、ティラミスの材料などスイーツの原料として使われます。またハーブやアボカドを混ぜてディップに、サーモンで巻くなどオードブルにも最適です。生クリームの代わりとしてスープに加えると、クリーミーな仕上がりになります」(圓子チーズさん)

●ブルーチーズ
⇒「青カビタイプ」:チーズの中に青カビを繁殖させて熟成させたもの。内部にまで塩味があるものが多い。

○魅力とおすすめの食べ方

「青カビタイプは特有の香味を持ち、力強い塩味とピリッとした刺激があるので、苦手な方も多いようです。しかし食べ方を工夫するだけで、ガラリと印象が変わります。強い塩味を持つチーズには極甘の物を合わせると新しい味が生まれます。代表的な組み合わせは蜂蜜、貴腐ワインがあります。また日本酒の貴譲酒にも合うでしょう。

またパスタやリゾット、オムレツ、肉のソテーなどに生クリームと青カビチーズを混ぜてソースとして使用すると一味違った料理なります」(圓子チーズさん)

●ゴーダチーズ
⇒「セミハードタイプ」:重しにより水分を38~46%まで減らし、固くしたもの。

○魅力とおすすめの食べ方

「ゴーダチーズは、プロセスやシュレッドの原料にもなるので親しみやすいチーズです。そのままビールや白ワインのお供にすると、チーズ本来の旨味を味わえます。カットの厚みで食感が違うので好みを探してください。ブロック状にカットしたものはサラダの材料にもなります。熱を加えても美味しく、トースト、グラタン、ハンバーグなど、どんな料理にもコクがプラスされます。とても汎用性の高いチーズです」(圓子チーズさん)

■その他のチーズもチェック

その他、ランキングには登場しなかったが、次のようなタイプのチーズもある。こちらも機会があればぜひトライしてみよう。

●「ウォッシュタイプ」:表面を塩水やワインなどの酒で洗いながら熟成させたもの。

●「ハードタイプ」:セミハードタイプよりもさらに水分を減らし、38%以下にして固くしたもの
●「シェーブルタイプ」:ヤギのミルクから作るもの。
●「プロセスチーズ」:ナチュラルチーズを加熱して溶かし、再び型にいれて固め加工したもの。

(取材協力)
圓子チーズさん

取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:7/13(木) 8:15
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント