ここから本文です

アマゾンがもたらすのは、破壊か創造か

7/13(木) 19:30配信

WIRED.jp

アマゾンが高級スーパーマーケットチェーンを買収する──。そんなニュースに金融市場も消費者も熱狂している。かつて自らが衰退の道へと追いやったリアル店舗での販売に進出するアマゾンは、果たして破壊者なのか、創造主なのか。その果てなき野望の行く末に、いったいどんな世界が待ち受けているのかを読み解く。

アマゾンが食料品販売でトップになる日がやってくる

アマゾンが高級自然食品スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット」を130億ドル以上で買収するというニュースに、金融市場は大いに盛り上がった。アマゾンの株価は2.5パーセント上昇し、これは買収額全体の埋め合わせに十分な数字だった。一方、クローガーやウォルマートをはじめとする食料品小売業の株価は約9%急落してしまった。

小売業界全体が縮小傾向にあるなか、今回のニュースによって資本がアマゾンに集中し、消費者が熱狂するという状況そのものが、この会社の実力を証明している。創業者のジェフ・ベゾスが考える「world’s store」、すなわち世界中のどこでも誰もが24時間、欲しい物を手に入れられる世界を目指すという野望に一歩近づいたのだ。

アマゾンは、消費主義という概念までも再構築するような存在である。しかし、果たして「良い」方向に導いてくれる存在なのか、それとも伝統的な小売業の破壊者となって仕事を減らし、ショッピングモールを破滅させ、かつては生産的だった労働者を職にあぶれた消費者へと変えてしまうのか。この点は、いまでもはっきりしないままだ。

いまのような存在になるまでに、アマゾンは20年かかった。ほぼ17年前の2000年6月23日の金曜日、当時有力だった投資銀行のリーマン・ブラザーズから、アマゾンが債務超過の瀬戸際にあるとの警告が発せられた。これを受け、アマゾンの株価は 20パーセントも急落し、手元資金を急速に使い果たした。

当時のアマゾンは半年で時価総額の60パーセント以上を失い、ベゾス個人の金融資産も何十億ドルも消えてしまっていた。それでもベゾスは、創業から10年も経っていない自分の会社が、いつの日かあらゆるものをあらゆる人に販売する存在になることを確信していた。

その頃のアマゾンの時価総額は150億ドルほどで、2002年には50億ドル以下にまで下がっている。しかしいま、アマゾンの価値は5000億ドル近くになった。時価総額だけが将来的な強さを保証するわけではないが(2012年のIBMのように)、少なくともアマゾンに対する金融市場の評価の変化を表していることは間違いない。そしてアマゾンはドローンやデータセンター、スーパーマケットといった具合に、収入の多くを新しい市場へと投資し続けている。

1/3ページ

最終更新:7/13(木) 19:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc