ここから本文です

夏バテで食欲が落ちた時に食欲を取り戻すコツ

7/13(木) 18:30配信

@DIME

夏は一般的に食欲が落ちることが多いといわれる。確かに連日、うだるような暑さの中で生活していると、なんだか食欲があまり起こらないこともある。そんなときはどんな風に乗り切ればいいだろうか。素早く食欲を取り戻すコツを管理栄養士に聞いた。

■夏に食欲が落ちたときにすばやく取り戻すには?

夏に食欲が落ちてしまったとき、できるだけ早く食欲を取り戻すために、食事にはどんなことを意識するのがいいのだろうか。管理栄養士の松岡まことさんは次のようにアドバイスする。

「食べやすいからといってジュースやアイス、めん類ばかりでは、たんぱく質やミネラル、ビタミン不足になり、栄養もスタミナも不足してしまいます。

食欲をすばやく回復するためには、スタミナをつけるビタミンB1やB2の多い食事をすると良いでしょう。豚肉、レバー、うなぎ、枝豆、胚芽米、にんにく、ごまなどは、ビタミンB群が多い食材です。

また、旬の夏野菜にはビタミンなどの栄養素がたくさん含まれています。きゅうり、トマト、なす、ピーマン、とうもろこし、冬瓜などの夏野菜は体の熱をとり、冷やしてくれる体にやさしくて美味しい食材です」

■食欲が落ちたときに乗り切るコツ

食欲が落ちたときでも、ビジネスパーソンにとっては何か食べないと仕事に差し支えが出ることがある。そんなときにはどんな風に乗り切ればいいのだろうか。

「食欲が落ちたときには、香辛料や酸味を加えたり、冷たくして口当たりをよくしたりするなど風味を“プラスワン”する工夫で食欲を引き出せます。

カレー粉、わさび、唐辛子、しょうがなどの香辛料や酢、梅干し、レモンなどの酸味、だしのうま味を使うなどすると食欲がアップしますよ」

●風味をプラスワンするアイデア

・ねぎやしょうがなどの香味野菜で香りを加える。(例:香りずしなど)
・チャーハンや天ぷらの衣にカレー粉を入れる。
・サラダや冷奴、冷しゃぶに梅肉やレモンしょうゆ、ゆず塩、ごまなど加える。
・炒め物に豆板醤を使い、ピリ辛風味にする。

「スープや煮物は、あんかけなど、くず粉や片栗粉でとろみをつけ、ひんやり、喉ごしをよくすると食べやすくなります」

夏に食欲が落ちたときには、ビタミンB群が多い食材や夏野菜を意識しながら、風味をプラスワンするなど上手に食欲を高める工夫をしてみよう。

松岡さんによれば、ビタミンB群の豊富な豚肉と香味野菜のしょうがを使った「豚のしょうが焼き」のほか、夏野菜と豚肉や鶏肉、白身魚などを使い、とろみをつけた「甘酢あんかけ」も定番メニューとしておすすめだそうだ。

もちろん、無理をして食べることはせず、調子によっては医師に診てもらうようにしたい。

(取材協力)
松岡 まことさん

取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:7/13(木) 18:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学

Yahoo!ニュースからのお知らせ