ここから本文です

マンUが新9番との「伝説の激闘」を紹介 名将ラストゲームで衝撃のハットトリックを許す

7/13(木) 15:10配信

Football ZONE web

ルカクがWBA時代にユナイテッドから史上4人目となる3ゴールを奪取

 マンチェスター・ユナイテッドはエバートンからベルギー代表FWロメル・ルカクを移籍金7500万ポンド(約110億円)で獲得した。ユナイテッドはクラブの公式サイトで、24歳のストライカーがかつて“赤い悪魔”からハットトリックを決めた「伝説の激闘」を動画付きで紹介している。
 
 昨季公式戦28ゴールを決めた元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチから、背番号9を継承したルカクに対する期待は大きい。クラブ公式サイトも「ルカクのユナイテッド対ウェストブロム戦でのハットトリック」と題して、かつて対戦相手だった新戦力の武勇伝を伝えている。

【動画】ルカクが名将ファーガソンのラストマッチで、マンU相手に衝撃のハットトリック!

 記事によれば、ルカクは過去にユナイテッド相手にハットトリックを決めた4人のうちの1人だという(そのほか、リバプール時代のディルク・カイト、ブラックバーン時代のデイビッド・ベントレー、チェルシー時代のサミュエル・エトー)。その試合は、2013年5月19日の敵地ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦。退任が決まっていたアレックス・ファーガソン監督のラストマッチだった。

 試合はユナイテッドがメキシコ代表FWチチャリートことハビエル・エルナンデス(現レバークーゼン)のクロスから、日本代表MF香川真司が頭で押し込んで先制。しかし、「ハーフタイムでルカクのチームは3-1でリードされていた。シンジ・カガワの一撃とオウンゴールの後、ルカクは即座にインパクトを残した」と記されているように、ルカクの大暴れによって衝撃の乱打戦となり、試合は5-5のドロー決着となった。

 今夏ユナイテッドの一員となったルカクは、新たな“武勇伝”を加えることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/13(木) 15:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新