ここから本文です

プロ技でリビングのカビ&ダニを撃退!お宅のフローリングやソファは大丈夫?

7/13(木) 20:10配信

ESSE-online

梅雨どきに気になるのが、家のカビ&ダニ。「梅雨入り後から夏にかけて、発生しやすい環境に。大繁殖してから退治するのは大変ですし、放置しておくと健康被害が起きる危険も。カビ・ダニは汚れを栄養源にするので、活動が活発になる前にしっかり掃除し、取り除くことがおすすめです」と、ハウスクリーニングのプロである尾崎真さん。

「カビは水回りはもちろん、窓サッシなどにも発生します。一方ダニは、エサになるアカや食べカスが豊富な、ベッドやソファが要注意。各スポットの特徴を押さえ、洗剤や道具を使い分けるのがコツです」。

その方法をさっそく伝授してもらいましょう!

【フローリングの掃除法】隙間に入り込んだダニはフロアワイパーで除去

●掃除法

フローリングの隙間は、ダニの絶好のすみかです。毎日の掃除では取りきれないため、週に一度ダニを意識した掃除を。板の目に沿ってフロアワイパーをゆっくりかけ、ダニを捕獲します。その後、掃除機を同様にゆっくりとかけます。

●予防法

フローリングにチリやホコリがあるとダニのエサに。毎日の掃除機がけで残さず吸い取るように。床に落ちた髪の毛やお菓子のかけらなどは、気づいたらすぐに取りのぞく習慣をつけましょう。

【壁の掃除法】薄くついたカビは重曹水で。強くこすらないよう注意!

●掃除法

表面に薄くついたカビ汚れは、重曹水(水100ccに重曹小さじ1)をつけたやわらかいスポンジで軽くこすり洗いします。重曹を使えるのは、ビニール製の壁紙のみ。しみついた黒カビを完全に取り除くのは難しく、はり替えが必要な場合もあります。

●予防法

壁のカビは、室内環境を工夫することで予防できます。「家具は壁から少し離して置き、天気のいい日は窓をあけ、こもった湿気を追い出して」。手アカを小まめにふき取るのも、カビ予防に有効です。

【畳の掃除法】カビはエタノール、ダニはスチームの力でしっかり取ります

●掃除法

天然素材の畳は、油断するとカビやダニが発生することがあります。「表面についたカビは濡れたぞうきんに消毒用エタノールをつけ除菌。定期的にスチームアイロンをあててダニ死滅させ、掃除機を使ってダニの死骸を吸い取ります」。

●予防法

毎日の掃除は、畳の目に沿って掃除機をゆっくりかけ、ホコリを残さないこと。「食べこぼしなど、こびりついた汚れに気づいたら、すぐに塩をすり込み汚れを吸着させ、古歯ブラシでこすり落としましょう」。

1/3ページ

最終更新:7/13(木) 20:10
ESSE-online