ここから本文です

ミラン、ドンナルンマ“兄”の加入も正式発表。「最も高給取りな第3GK」に

7/13(木) 8:41配信

フットボールチャンネル

 ミランは12日、ギリシャのアステラス・トリポリスに所属していたGKアントニオ・ドンナルンマを完全移籍の形で獲得することが決定したと発表した。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 ミランとアントニオとの契約は2021年6月30日までの4年間。2005年から10年までミランの下部組織に所属していた同選手にとっては、7年ぶりの古巣復帰となる。

 現在27歳のアントニオは、先日契約延長が発表されたミランの正守護神ジャンルイジ・ドンナルンマの実兄。弟ジャンルイジと、マルコ・ストラーリに次ぐ第3GKの位置づけとなることが見込まれている。

 アントニオのミラン再加入は、ミランとの契約延長を一旦拒否したジャンルイジが新契約に合意する上での条件のひとつだったとみられている。アントニオの年俸は報道によれば100万ユーロ(約1億3000万円)で、イタリアで「最も高給取りな第3GK」になるという。

 セリエAでの出場歴はジェノア在籍時の1試合のみという経歴でミランに加入したことや、経歴に不釣り合いとも言える高年俸に対しては、現地メディアやファンから少々冷ややかな目も向けられているようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)