ここから本文です

マンUの“若手有望株”、ソシエダに完全移籍。契約期間は5年間で2022年まで

7/13(木) 8:00配信

フットボールチャンネル

 レアル・ソシエダは12日、マンチェスター・ユナイテッドに所属する22歳のベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイを獲得したと発表した。契約期間は5年間で2022年6月までとなっている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 英メディア『BBC』によると、移籍金は980万ポンド(約14億3000万円)になったとのこと。ヤヌザイは16歳の時にベルギー1部のアンデルレヒトからユナイテッドに移籍し、2013年にトップチームに昇格。

 “若手有望株”として期待されていたものの、ポジションを確保することが出来ずにドルトムントやサンダーランドへのレンタル移籍を繰り返した。そして、サンダーランドへの期限付き移籍期間が終了しユナイテッドに復帰していたが、来季からソシエダでプレーすることになった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)