ここから本文です

体形戻られた愛子さま 英語勉強の合間に気分転換で嵐を聴く

7/14(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 梅雨の合間に真夏日が紛れ込んだ7月6日、学習院女子高等科(東京・新宿区)では、1学期の期末テストが最終日を迎えた。

 教科書片手にテスト勉強に追い込みをかけながら登校する多くの生徒の中に、この4月に高等科に進学された愛子さま(15才)の姿があった。半袖セーラー服姿の愛子さまは、右肩にスクールバッグ、左腕にはフランス発祥の洋菓子店『ラデュレ』の薄いグレーのトートバッグを提げられ、他の生徒と同じように手元のプリントに視線を落とされていた。

「ゆったりとした足取りでした。一時期の“激やせ”の頃に比べると急激に体形が戻られたように感じました」(皇室記者)

 高等科は、中等科と同じ敷地内にある。加えてほとんどの生徒がエスカレーター式に内部進学する。

「それでも学習環境は大きく変わります。授業が細分化され、専門性が高くなります。愛子さまは東・西・南・北・中の5つに分けられたクラスの『中組』ですが、芸術や語学の選択科目も増え、別のクラスの生徒と交流する機会も格段に多くなりました。ファッションやメイクに興味を持つ生徒も増えて、通学の道中にスカートを短くしたり、パーマをかける生徒も増えてきます」(学習院関係者)

 6月3日には、学習院と筑波大学附属高校の間で恒例のスポーツの「附属戦」が行われ、愛子さまは野球やバスケットボール、バドミントン、剣道などの試合を同級生と一緒にご観戦。学校間の移動の際には地下鉄も利用されたという。

「ご家庭では、登校前と下校後に、赤坂御用地内で愛犬の由莉の散歩をするのが愛子さまの日課だそうです。また、英語の勉強に力を注ぎ、気分転換にファンである嵐のCDを聴くこともあるそうです」(東宮職関係者)

※女性セブン2017年7月27日号