ここから本文です

LINEがAIスピーカーを販売 アマゾン「エコー」に対抗

7/14(金) 14:00配信

WWD JAPAN.com

 LINEは7月14日、クラウド型の人工知能(AI)を搭載したスマートスピーカー「ウェーブ(WAVE)」の先行体験版の予約販売を開始した。価格は1万円。クラウド型のAIはLINEが独自に開発した「クローバ(CLOVA)」を搭載しており、音声を通じて、音楽の再生機能やアラーム設定などが可能になっている。AI搭載のスマートスピーカーではすでにアマゾンが「エコー(ECHO)」を販売し、全世界で大ヒットを記録しており、日本語版の年内リリースが噂されている。LINEは「エコー」日本語版の発売を前にリリースすることで、日本市場での存在感を高めたい考え。正式版は秋ごろに1万5000円での販売を予定している。

 「ウェーブ」体験版は、月額960円の音楽配信サービス「LINEミュージック」の6カ月間セットになっている他、ブルートゥース(Bluetooth)を使いスマートフォンなどと接続してスピーカーとして使うことも可能。先行体験版も正式版と同じタイミングでアップデートを行うことで、ニュースの読み上げやスケジュール管理、赤外線コントローラーに対応する家電のオン・オフ操作など、正式版と同じ機能を使うことができるという。

最終更新:7/14(金) 14:31
WWD JAPAN.com

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。