ここから本文です

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ツアーから引退!?

7/14(金) 6:10配信

MEN’S+

 日本人にも馴染みのある、人気バンドの「レッチリ」。
 
 これまでの長い間、多くのツアーを行ってきた彼らですが、体の限界を感じているようです…。

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのツアー引退を同バンド、ドラマーのチャド・スミスが示唆しました。 
 
 チャドは、「メンバーがギタリストのジョシュ・クリングホッファー以外全員50代となり、以前のように動き回ってライブをすることが難しくなってきた」と語りました。
 
 チャドは同バンドベーシストのフリーと、ライブをし続けることがどれだけ大変なことかについて話したことを思い出し、ラジオの「SiriusXM」に「俺たちはとあるライブ終了後にヴァン(クルマ)に乗っていて、フリーが『あとどれぐらいライブをし続けるんだろう? どうやって終えるんだろう?』って話してきたんだ――俺は『知るかそんなこと』って…。まだレコードを作りたいっていう思いは強いけど、ツアーについてはほんと続けることができるか疑問だよ――アンソニー、俺、フリーはもう3人とも54歳だよ。ジョシュが38か39かな。奴はまだ若い。けど、いつまで長いツアー生活ができるかどうか……。1年とか1年半ぐらい続くのを、普通にやっていたからね」、と話しました。
 
 また、メンバーには家族がいることもあり、子供たちと長く離れることが嫌であるとして、チャドは「俺らは家族もいるし、他のことだってやらなきゃいけない。優先事項がちょっと変わりつつあるんだ。何が自分にとって最善のことかわかってきて。他のバンドのために時間を割く必要はないとかさ――けど、依然俺らはライブに来てくれる人たちに感謝しているよ。パフォーマンスは大好きだ。ただ今後どうなるかわからないんだ」と、続けてコメントしました。
 
 一方、フロントマンのアンソニー・キーディスは昨年12月、アイルランドのダブリンで予定されていたライブをインフルエンザによって延期せざるを得なくなっていましたが、当時アンソニーはステージでのパフォーマンスはやめないとして、「俺はいつだって、ぶつかって傷を負い、そして治癒して回復して、また傷つくんだ。それが普通なんだよ―‐今は、グルグル回っていた際に足首の腱を断裂してね。でも治るよ…」と話していました。
 
 また、アンソニーは未だライブ前は緊張するといいます。そして、その緊張なしではステージを駆け上がることはできないとも…。
 
 「俺にイライラがなかったらちょっとおかしくなるだろうな――俺はいつも吐く寸前みたいな神経過敏のぎりぎりのところにいたいからさ、その状態が俺を準備万端にしてくれるから」と、コメントしています。

最終更新:7/14(金) 6:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!