ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】折り合いの悪い同性の同僚や先輩との関係を改善する方法はある?

7/14(金) 8:00配信

Suits-woman.jp

今回のビジネス女子マナーは、IT関連会社勤務の田辺なつみさん(仮名・27歳)からの相談です。

「職場に私を目の敵にしている女子グループがあって、辟易してます。公開予約時間を昼間に設定してアップした自分のブログを出力されて、“勤務中に業務外のことをしている”と上司に告げ口されたり、きちんとその先輩に許可をとって行動したのに、“私は聞いていない、勝手なことをするな。調子に乗っているのか”と電話口で怒鳴られたり。本当に忘れてしまったのか、なにかの八つ当たりなのかはわかりません。

こういう状況について、職場関係以外の友だちや知人は、私の顔がかわいいから嫉妬しているだけじゃないかと言います。確かに、これまでそのグループから底意地の悪い嫌がらせをされたり、ネチネチ嫌味を言わて会社を辞めていったのは、同性の私から見てもかわいい子たちばかりでした。そんな会社、辞めちゃえば?と知人から言われると心が揺れます。どうしたらいいでしょうか」

こっちはなんとも思っていないのに、ライバル心をむき出しにされて攻撃されたり、足を引っ張るような行為をされたりという経験がある働く女性は少なくありません。そんな会社には見切りをつけて、新天地を求めて転職すべきなのでしょうか。鈴木先生に聞いてみましょう。

☆☆☆

悪の巣窟のような職場では、まっとうなキャリアは育たない

かわいいと人生いいことばかりじゃないんですね。嫉妬のせいで職場に居づらくなって、あげくに転職ですか……。

本来、仕事の実力で評価されるべきなのに、容姿端麗だからマイナスの仕打ちを受ける。そんな悪の巣窟と化した職場では、あなたのキャリアの行く末が心配です。

本来の実力が発揮されない職場なら、転職するのも手です。近年、キャリアアップのための転職は珍しいことではありませんし、とくに急成長中のIT関連企業では、ある程度のキャリアがあり、しかもバイタリティーもある30歳前後までは、採用される確率も高いでしょう。

1/2ページ

最終更新:7/14(金) 8:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。