ここから本文です

夏になると必ずあせもが。なんとか予防できないでしょうか?

7/14(金) 11:12配信

Wedge

質問:子どもに毎夏あせもができてしまいます。とくに汗が多いほうではないと思うのですが、どうすれば予防できるのでしょうか?

答え:汗を拭く、涼しくする、吸湿性の高い衣服を着るといった基本的な方法しかありません。完全な予防は難しいですが、こまめに汗を拭き取っていれば軽いあせもは自然と治ります。

答える人 石橋涼子先生(石橋こどもクリニック院長)

 あせもは正式には「汗疹(かんしん)」といい、汗で皮膚の汗腺が詰まってしまい、そこに汗がたまって起こる症状です。

 軽いあせもは皮膚表面に汗がたまってできる「水晶性汗疹」で、透明もしくは白っぽい小さな水ぶくれができ、炎症にはなりません。

 もう少し皮膚の深いところで起きて、赤い湿疹をともなうのが「紅色汗疹」。一般に「あせも」と認識されているのはこちらだと思いますが、こちらは痒くなることが多く、かきこわして「かぶれ」になってしまうことも多いです。

予防法も、あせもができてからの対処も基本は同じです。

・こまめに汗を拭き取る。汗が多い場合はシャワーを浴びるか、濡れタオルで拭き取る。
・吸湿性の高い素材(木綿など)の衣類を着る。
・エアコンを適度に使って室温を快適に保つ。

 炎症が起きてかゆみが強い場合はステロイド外用剤を使います。かゆいとどうしてもかきこわしてしまい、長期化しがちですから、かゆみがあるときは早めに皮膚科か小児科を受診しましょう。大人が使うような保湿剤は炎症部分には使えないことも多いので、処方された薬を使うようにしてください。

 就寝中の寝汗に神経質になる人も多いのですが、よほど汗がひどくないかぎり、わざわざ起こしてまでパジャマを替えることはないと思います。タオルで拭いてあげるくらいでいいでしょう。そもそもそこまで汗をかいてしまうのであれば、室温調整を工夫する必要があります。

 夏ほど多くはないですが、最近はエアコンの普及で冬でも室温が高くなりがちで、冬のあせももしばしば見られます。適度な室温調整を心がけましょう。

柳瀬 徹 (フリーランス編集者、ライター)

最終更新:7/14(金) 11:12
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年9月号
8月19日発売

定価500円(税込)

■特集  捨てられる土地
・所有者不明だらけの日本国土
・所有者不明土地が招く空き家問題
・登記義務化と利用権制限 次世代のための制度改革を