ここから本文です

南国気分を味わえる、夏にピッタリな『アイランドカクテル』が登場!

7/14(金) 21:40配信

エイ出版社

期間限定でオリジナルカクテルを提供!

そろそろ夏本番。照りつける太陽、青い海、広いビーチでしっとり一杯……。そうやって夏を楽しみたいと思う方も多いはず。

マンダリン オリエンタル 東京の37階「マンダリンバー」にて7月1日(土)~8月31日(木)の期間限定で、日本の島の特産品を生かした3種類のオリジナルカクテルが提供されます。マンダリン オリエンタル 東京と、雑誌『Discover Japan』のコラボレーション企画の第二弾となる今回。登場するのは、日本の南国の離島をテーマにした“Southern Island Cocktail”。一流ホテルのモダンなバーでリゾート気分を感じてみてはいかがでしょうか?

種子島 黄金茶屋

鹿児島産のクラフトジンをベースに種子島の安納イモのペーストを加え、ジンジャーのスパイスとハニーの甘み・レモンの酸味にミルクでバランスをとったフローズンスタイルのカクテル。最後にフレッシュクリームを添え、鹿児島全土で盛んに栽培されているウコンのパウダーで仕上げました。価格:2300円(税・サ別)

屋久島 屋久杉

屋久島は樹齢7200年といわれる縄文杉をはじめとする屋久杉で有名な自然遺産の島。そんな生い茂る屋久杉をイメージしたカクテルです。カクテル名の通り、サツマイモの焼酎“屋久杉”をベースに、大自然の恵みともいわれるマンゴーを使用し、森の香りをフレッシュミント・ペルノーで表現しています。グラスの淵には、抹茶パウダーで日本の森をイメージ。南国の味わいもありながら、どこか新緑が楽しめるカクテルです。価格:2500円(税・サ別)

トカラ列島 列島巡り

トカラ列島は、鹿児島県の屋久島と奄美大島の間の、約160キロの間に点在する小さな島々。その中の宝島での特産品となっているバナナを使用し、創作されたカクテルがこちら。リキュールのひとつ、ペルーの国民酒ピスコをベースにし、パイナップルジュースを合わせ、最後に日本のクラフトビールを注いで完成。価格:2300円(税・サ別)

本記事で紹介したのは、7月1日(土)~8月31日(木)の南国の離島をイメージした“Southern Island Cocktail”。9月1日(金)~10月31日(火)には、北国の離島をイメージした“Northern Island Cocktail”がふるまわれます。カクテルを通じて日本の個性ある離島を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【DATA】
●マンダリン オリエンタル 東京「マンダリンバー」
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 37F
期間:Southern Island Cocktail 7月1日(土)~8月31日(木)
時間:11:30 ~翌2:00
電話:0120-806-823(レストラン総合予約)
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/

(出典:『Discover Japan』)

最終更新:7/14(金) 21:40
エイ出版社