ここから本文です

名古屋開催のオールスター、全パに3発の本塁打飛び出し全セに快勝!ソフトB・内川決勝打

7/14(金) 21:34配信

ベースボールチャンネル

 14日、ナゴヤドームでオールスターゲームが行われ、全パが6-2で全セに勝利した。

メジャーで活躍を続ける40歳以上のベテラン。実績豊富な“超一流”が集結

 この日の先発は全セが中日・バルデス、全パがソフトバンク・千賀。愛知県出身の千賀は、地元で球宴の先発マウンドになった。

 初回、全パの1番・秋山がバルデスから流し打ちで先頭打者本塁打を放ち1点を先制。バルデスは先頭弾こそ浴びたが、中1日という登板間隔の狭さを感じさせない投球で2回を1失点。球宴でも制球力と緩急を活かした、バルデスらしい投球を披露した。

 一方の千賀は2回を2奪三振、1四球で無失点と好投し、後続につなげた。

 その後の4回、全セの4番・筒香が同学年の西武・菊池雄星と対戦。筒香は菊池の投球を逆方向に流し打ち左翼スタンドへ。主砲の一発で試合を振り出しに戻すと、6回には全パ4番手のドラ1ルーキー、オリックス・山岡を攻めた。

 6回、一死から巨人・坂本が中前打・盗塁でチャンスを作ると、試合前のホームランダービーで惜しくも決勝敗退となった中日・ゲレーロが変化球を捉えレフトに適時二塁打を放ち1点を勝ち越した。

 しかし、全パも意地を見せる。全パは代打のソフトバンク・内川、日本ハム・西川の連打でチャンスを作ると、二死から代打のソフトバンク・デスパイネが右前に流し打ちで安打を放ち、同点に追いつく。その後も代打で日本ハム・レアードが出てくるなど長距離砲の攻勢を見せたが、追加点は奪えなかった。この回に登板した中日・又吉は地元・名古屋でいつものような好投を見せられなかった。

 その後の8回、全パは一死から秋山が内野安打・盗塁でチャンスを作ると、内川の適時打で1点を勝ち越し。そして、続く西川が右翼スタンドに特大の2点本塁打を放ち、リードを3点に広げた。そして、9回には日本ハム・中田が7度目のオールスターでバックスクリーンに初本塁打を放ち、ダメ押しの1点を追加した。

 リードを奪った全パは8回に西武・牧田をマウンドへ。緩いカーブなどを駆使した投球で牧田は1回無失点。そして、9回は楽天・松井裕が登板し、しっかりと三者凡退に抑え試合を締めた。

 敗れた全セは、7回以降に登板した又吉・マテオ・山崎康の3投手が全員失点と誤算だった。

<バッテリー>
セ・リーグ
バルデス-田口-岡田-又吉-マテオ-山崎康・梅野、戸柱
パ・リーグ
千賀-菊池-谷元-山岡-牧田-松井裕・嶋、田村

本塁打
<パ・リーグ>
秋山1号(1回表ソロ)
西川1号(8回表2ラン)
中田1号(9回表1号)
<セ・リーグ>
筒香1号(4回裏ソロ)

ベースボールチャンネル編集部