ここから本文です

ミラン、ユーベDFボヌッチ獲得へ急接近!? 既に個人合意。残すはクラブ間交渉

7/14(金) 8:01配信

フットボールチャンネル

 積極的な補強を続けるミランが、ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチと個人合意したようだ。13日に『ユベントス・ニュース24』など複数の伊メディアが報じている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 同メディアによると、ミランはボヌッチの代理人を務めるアレッサンドロ・ルッチ氏と交渉を行なっており、年俸700万ユーロ(約9億円)で個人合意に達したとのこと。そしてミランはユベントスに対して移籍金3000万ユーロ(約38億7000万円)にマッティア・デ・シリオの譲渡を加えたオファーを提示したようだ。

 一方でユベントスは両者の交渉を分けて話し合いことを提案し、ボヌッチに関しては譲渡なしの移籍金4000万ユーロ(約51億7000万円)を要求。デ・シリオに関しては移籍金1000万ユーロから1500万ユーロ(約12億9000万円から約19億4000万円)の間で話し合いが行われているという。

 これらに関して代理人のルッチ氏は 「ミランへ移籍? 我々はそれに向けて取り組んでいる」と語り、交渉していることを認めた。続けて「今のところ、新しいニュースはない。我々は待たなければならない」とコメントし、クラブ間交渉の行方を見守っていることを明かしている。

 交渉が始まった背景にはボヌッチの意向も関係している。同選手に関してはマンチェスター・シティやチェルシーなども興味を示していたが、家族の希望もあり同選手はイタリア国内でプレーすることを望んだ。そこで、代理人のルッチ氏がミランに獲得を打診したとのこと。マッシミリアーノ・アッレグリ監督との確執もあり、同選手は新しいチャレンジを求めているようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)