ここから本文です

2クラブの史上最高額59億円オファーを拒否も…スウォンジーMF売却は既定路線か

7/14(金) 12:55配信

フットボールチャンネル

 スウォンジー・シティに所属する27歳のアイスランド代表MFギルフィ・シグルズソン獲得を目指すエバートンだが、提示した巨額オファーが拒否されたようだ。13日に英メディア『BBC』が報じている。

【動画】ベッカムVSシメオネ!サッカー史に残る因縁の真実とは?

 先日、レスター・シティがクラブ史上最高額となる移籍金4000万ポンド(約58億8000万円)のオファーを提示したものの、スウォンジーは拒否していた。同メディアによると、エバートンもレスターと同額のオファーを提示したが、スウォンジーに断られたようだ。スウォンジーは売却価格を5000万ポンド(約73億5000万円)に設定したとも伝えられている。

 エバートンは3日、バーンリーからクラブ史上最高額となる移籍金3000万ポンド(約44億円)でイングランド代表DFマイケル・キーンを獲得した。それを超える移籍金4000万ポンドのオファーを提示したが、スウォンジーに断られたことになる。

 2クラブのオファーを拒否したスウォンジーだが、売却に消極的な姿勢を見せているわけではない。スウォンジーはアメリカツアーを行なっているが、シグルズソンは帯同しておらず、移籍が有力視されている。

 スウォンジーを率いるポール・クレメント監督は「ファンもオーナーも彼の残留を望んでいるが、サッカーにはビジネスの側面もある。ジャック・コークに関しても同じ状況だった。放出は考えていなかったが、別のクラブから本当に良いオファーが届いたことで状況が変わったんだ」と語っており、オファー次第でシグルズソンの売却を考えていることを明かしている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)