ここから本文です

働くママの家事が本当にラクになる部屋づくり 畳のリビング、時短壁付け式キッチン、ファミリークローゼット…

7/14(金) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 暮らしを“ダウンサイジング”する知恵と工夫を紹介する『時間とお金にゆとりができる「小さな家」 働く母の家事が本当にラクになる部屋づくり』。

 著者は、ブログ「cozy-nest 小さく整う暮らし」が、「シンプルライフ」「ミニマリスト」「ワーキングマザー育児」などのカテゴリで人気を誇る、大阪在住のワーキングマザー・尾崎友吏子。尾崎が同書で紹介しているのは「住まい方」についてだ。

「断捨離」「シンプルライフ」「ミニマリスト」など、暮らし方の流行のその先にあるもの。それは、生き方や暮らし方を見つめ直す「家のあり方」にある。賃貸でも購入でも、家は人生における大きな買い物。大きな家を選べば、購入時だけでなく維持にもそれだけお金がかかってしまう。そしてそのお金を稼ぐために、働く時間も長くなる…。尾崎は、子育てや自分の時間、心のゆとりなどに重きを置くのであれば、選ぶべき選択肢は「小さな家」だという。

 尾崎は実際に、家族5人で90平米の家から70平米の家に引っ越して暮らしをダウンサイジング。それでも引っ越す前より家を広く使えているそう。その秘密は、ものを減らして家具を最小限にしたこと、ベッドではなく布団を使い、同じ部屋を数通りに使う「旅館」方式を採用したこと、さらに畳のリビング、壁付け式キッチン、ファミリークローゼットなど、ちょっとした知恵と工夫で、家は驚くほど快適な空間に変わっていく。

「畳のリビング」→家具がほとんど要らず、ソファなどの家具がないぶん、人数が増えても柔軟にくつろげる。家具をどかす手間もないので掃除もラク。

「壁付け式キッチン」→低コスト。ダイニングとの動線が短い。丸見えだからこそきれいに保ちやすく、家族に炊事や盛り付けを手伝ってもらいやすい。

「ファミリークローゼット」→家族全員の洋服収納が一箇所だから、洗濯後の片づけがラク。家族も家事に参加しやすく、顔を合わせて会話する「場」にもなる。畳まずに「吊るす」収納でさらに効率アップ。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい