ここから本文です

ラーメン&カレーのトッピング、コスパと味の悩みどころ

7/15(土) 16:00配信

マネーポストWEB

 ラーメンやカレーの外食をするとき悩ましいのが「トッピング」の選択。トッピングこそお店にとっての儲けの重要要素になっている面もある。お店もそれなりに儲かるようにし、客も満足いく食べ方をするにはどうするべきか。トッピングには「コスパ」の考え方もあるだろうし、よりおいしく食べるための工夫といった面もある。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏がトッピングの心構えを語る。

 * * *
 トッピングを足すのは、基本はカレー屋とラーメン屋です。外食は一種のぜいたくでもあるので、その場合、私は金額はあまり考えず、とにかく食べたいものを食べるようにしています。まぁ、この2つであれば、そこまで高くないですし。

 たとえば、東京・池尻のカレーの名店「ビストロ喜楽亭」では、ビーフカレーに「ほうれん草」「目玉焼き」を必ずトッピングします。カレーは950円なのですが、トッピングは合わせて300円となります。全体としてトッピングが占める割合は高くなるものの、ほうれん草をカレーの中に入れて一緒に煮込んでくれると、これが良い具になりますし、野菜を食べる量が増える。トロトロの目玉焼きは、ルーを「激辛」(「普通」の12倍の辛さ)にしているだけに、良い箸休めになる。これはカレーが1250円になっても惜しくはない。本当は100円にしていただきたいところですが、このカレーのルーがよりウマくなるのを考えるとこの50円もまったく惜しくない。

 そして、とんこつラーメンチェーンの一風堂では必ず80円の「切り落としチャーシュー」を頼みます。これがビールのつまみにも良く、残りをラーメンに入れてしまうとより肉肉しい感じになっていきます。通常のチャーシュートッピングは200円なので、私はこちらを選びます。そもそも、「切り落とし」は隅っこの味がよく染み込んだ部分なわけで、濃い味付けを好む人間にとってはこちらの方が有難い。

パクチーは他に替えがないトッピング

 さて、そんなトッピング好きな私は最近カレー屋めぐりをしていました。すると、よく見かけたのが「パクチートッピング」です。100円のものから300円のものまで様々なのですが、これは正直うまい商売だと思います。

1/2ページ

最終更新:9/26(火) 17:01
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。