ここから本文です

「コボちゃんを描いているときに食事はしない」 “4コマ漫画の巨匠”植田まさしロングインタビュー #1

7/15(土) 11:00配信

文春オンライン

漫画家・植田まさし、70歳。読売新聞朝刊に連載中の「コボちゃん」が12519回(2017年7月15日現在)。「かりあげクン」はこの5月にコミックス60巻目を発売。そして「おとぼけ課長」は雑誌連載36年目にして初めての“昇進”、「おとぼけ部長代理」としてリニューアルスタートしたばかりだ。年間1100本の4コマを生み出し続ける巨匠は一体どんな人物なのか――。夕方4時、仕事場のある邸宅の一室に植田先生が姿を現した。

「コボちゃん」シフトの毎日 寝るのは午前3時半

―― お忙しいところ、ありがとうございます。

植田 夕方の4時は仕事が一段落するんですよ。「コボちゃん」の原稿を取りに来るオートバイが毎日3時半に来るので。

―― 毎日「コボちゃん」を受け取りにバイク便が来るんですか?

植田 そうです。土日もです。まあ、新聞は年に10日ほど休刊日があるから、それ以外は毎日ですね。

―― 今日渡したものは、いつ頃掲載されるものなんですか?

植田 明日の朝刊ですよ。

―― えっ、明日載るものを前日に渡しているんですか!

植田 基本的にそうです。その日描いたものを、次の日載せてもらう。

―― とはいえ「コボちゃん」以外の連載もたくさん持っていますよね。毎日締切りとはすごい……。先生の一日はどんなスケジュールなんですか?

植田 一日の前半は「コボちゃん」に専念しています。朝は10時半ぐらいに起きて、そのまま仕事場に。で、仕上げ終わるのが14時とか14時半。それから、まぁ朝食というか、その日初めての食事をします。

―― 「コボちゃん」を描いている時に食事はしないんですか?

植田 食べないですね。それで15時半にバイク便に預けて新聞社に配達してもらう。それで、夜8時くらいに昼食じゃないけど2度目のご飯を食べて、夜中の1時ごろに夜食を食べる。もちろん一日の後半は「かりあげクン」とか「おとぼけ部長代理」とか、別の作品のネタを考えたり、描いたりしています。寝るのはいつも3時半。そして10時半に起きて「コボちゃん」に集中。毎日の締切りから逆算すると、10時半に起きるのがベストなんですよ。頭の回転とか。こうしてみるとメチャクチャな一日に思われるかもしれないけど、ちゃんと7時間寝てますし。

1/5ページ

最終更新:7/18(火) 11:48
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。