ここから本文です

失敗しない愛犬、愛猫のための病院選び6つの鉄則

7/15(土) 7:13配信

@DIME

動物病院どこにする?愛犬・愛猫のための病院選び6つのポイント

大切な愛犬や愛猫の治療を任せるわけですから、良い病院であることは必須だと思います。しかし、動物病院は飼い主さんだけでなく、愛犬や愛猫との相性も重要なため、選ぶのは意外と難しいものです。良い動物病院を見つけるための6つのポイントを参考に、掛かりつけになる病院を探しましょう。

掛かり付け動物病院の候補探しに役立つのが、犬や猫の飼い主さんネットワークです。普段から動物病院を利用している飼い主さんたちに聞けば、
「○○病院は、設備が整っている」
「□×病院は、輸血用の犬がいる」
「○△病院は、治療方針についてわかりやすく説明してくれて、スタッフが親切」
というように、動物病院についての情報を詳しく教えてくれます。

病院選びココをチェック!

飼い主さんネットワークの情報の中から気になる動物病院が見つかったら、健康相談などの名目で、実際に愛犬や愛猫を連れて病院を訪ね、診察してもらいましょう。その際、以下の6つのポイントについて、よく観察してください。

1. 丁寧に説明してくれるか
病気についての説明はもちろん、検査内容、治療方針についても、わかりやすく丁寧に説明してくれるところが良いでしょう。また、飼い主からの質問に、きちんと答えてくれるかも大切です。

2.会計の内訳はわかりやすいか
治療費については、費用の内訳を診療報酬明細書できちんと示してくれるところが良いです。

3.スタッフについて
長く勤務しているベテランスタッフがいる病院は、全体の教育が行き届いていて、良い施設であることが多いです。

4.院内は清潔になっているか
設備が整っていても、医療器具が不潔で、院内の掃除ができていないところはNGです。嫌なニオイがする、もしくは、ゴミやホコリが溜まっていて不潔な病院は、院内感染の恐れがあるので、オススメできません。

5.緊急時の連絡先があるか
愛犬の体調が急に悪くなった時に、連絡すればアドバイスを受けることができ、緊急の治療に対応してくれるところは良い病院です。

6.感染症の専用の出入り口はあるか
感染症の拡大を防ぐため、感染症にかかっている犬や猫専用の出入り口があり、病院に通院する動物への配慮がなされているところは良い病院です。

目的に合わせた病院選びをしよう
動物病院には、個人や法人の病院と、大学付属の病院があります。

◇個人や法人の病院……定期検診や予防接種、健康相談などを気軽に行うことができるのが特徴です。設備が整っていて、多岐にわたる治療が受けられる病院もあります。

◇大学付属病院……最新設備が整っているので、困難な難しい治療や手術の対応が可能です。但し、自宅から病院までの距離が遠いと、通院は難しいです。

このようなことからも、動物病院は一カ所に決めず、治療内容によって、いくつかの病院を掛かりつけにしておくのが良いでしょう。

文/マルヤマミエコ

@DIME編集部

最終更新:7/15(土) 7:13
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント