ここから本文です

大雪原を自転車で走り、ジャコウウシの群れに遭遇する──北極圏から北に800kmへの旅は“大冒険”だった

7/15(土) 12:10配信

WIRED.jp

北極圏から北に約800kmにある、カナダ・サマーセット島の「Arctic Watch Wilderness Lodge」。夏になると8週間だけ開く小さな“ロッジ”を訪れ、壮大な白雪地帯や氷河を旅する体験は、まさに大冒険だった。

北極の「世界種子貯蔵庫」、温暖化で永久凍土が溶けて緊急対策

4.8インチの太いタイヤを装着したファットバイク「ロッキーマウンテン・ブリザード」にまたがり、初めてペダルを踏み込んだとき、その自転車はほとんど動かなかった。歯を食いしばり、全体重をペダルにかけると、なんとか前に進んだ。Polar Bear Pointに沿って、6フィート(約1.8m)の厚さのきらきら光る氷冠や、日光浴を楽しむワモンアザラシのあいだを、わたしたちは前進する。しばらくするとわたしの両脚は、ゼリーのようにぷるぷると震え始めた。

北極圏から北に約500マイル(約800km)。カナダ・サマーセット島の「Arctic Watch Wilderness Lodge」に到着するには、フライトを5回も乗り継がねばならない。

6月になると、8週間だけロッジが開く。ちょうど北西航路を覆う流氷に亀裂が生じ、溶け始める時期だ。しかし、ロッジを営む家族にとっては、その荒涼の地こそが自宅なのだ。家長であるリチャード・ウェバーは、世界で最も多く北極を踏査した探検家である。彼の妻、ジョゼ・オークレールは北極・南極の両方へ女性の調査隊を率いた経験がある。2010年には、当時20歳だった息子テッサムが北極旅行の最年少記録をつくった。

わたしは昨年、彼らとともに氷河峡谷をカヤックで通り抜け、ツンドラを全地形対応車(ATV)で縦横に走り、ジャコウウシの群れをこっそりと(礼儀正しく)追跡することができた。それはファットバイクにまたがり、思わず涙が出るほどの冷風に吹きつけられたとしても、まるで泡のようにみえる壮大な白雪地帯や、淡いブルーの氷河を旅する喜びに匹敵するものはない。

2017年5月にウェバー家は、マウンテンバイクで北西航路をで4日間かけて横断する旅を世界で初めて開催した。走行距離は75マイル(約120km)。彼らはわたしたちを、脆く、徐々に沈みゆく氷上へと誘うのだ。

行き方:
カナダ・ノースウェスト準州のイエローナイフ空港に行き、そこからArctic Watchへ向かうチャーター便に乗り換える。

食事(イエローナイフ滞在時):
ノースウェスト準州で唯一のアフリカ料理レストラン「Zehabesha」でエチオピア料理を楽しむことができる。

滞在:
フローティングB&B(自家発電のハウスボート)

すること:
フレームレイク周辺の3.1マイルの道をハイキング。隣接するトレイルには、1967年に最初の貨物飛行機が北極点に到達した際のブリストル記念碑がある。

ASHLEA HALPERN

最終更新:7/15(土) 12:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。