ここから本文です

スペースXが1万基以上の衛星群を打ち上げる、「もうひとつの目的」

7/15(土) 12:30配信

WIRED.jp

イーロン・マスク率いるスペースXは、1万基以上もの人工衛星群を打ち上げて、世界人口の57パーセントというネットにつながっていない人々に接続サーヴィスを提供する計画を打ち出している。だが、同社の目的はそれだけではないかもしれない。

スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」

イーロン・マスク率いるスペースXは、「他の惑星に人間が住むことを可能にする」という壮大な目標のもとで設立され、「宇宙植民地」の夢をもち続けてきた。だが同社は、地球上の生活までも改善しようと試みている。あらゆる土地に高速なインターネットアクセスを提供するために、1万1,943基もの人工衛星を打ち上げることを目指しているのだ。

スペースXが米国連邦通信委員会(FCC)に提出した、2016年11月および2017年3月の資料によると、スペースXはこれらの人工衛星を使って、ネットにアクセスできていない世界人口の57パーセントを含むあらゆる人たちをオンラインにすることで、「本物」のワールド・ワイド・ウェブをつくることを目指している。

これまで人工衛星を利用したネット接続サーヴィスは、成功するような事業ではなかった。過去にチャレンジしたイリジウムやテレデシック、グローバルスター、スカイブリッジなどの企業は、いずれも姿を消したか破産手続きに入っている。マスクはその前例を変えたいと考えているが、同じ考えをもっているのは彼だけではない。OneWebというスタートアップは2018年、手始めに600基を上回る最初の人工衛星を打ち上げる計画だ[関連記事]。フェイスブックも「Internet.org」通じて、ネットにアクセスできていない人々への接続サーヴィス提供に資金を投じている[関連記事]。

ネット接続サーヴィス以外の目的

こうした計画をフェイスブックが打ち出すのであれば、金銭的なメリットがあるのは容易に想像できる。だがスペースXは、なぜ多額の投資を承知でそこに飛び込もうというのか。

大量の人工衛星を打ち上げる目的が、ネット接続だけではないとしたらどうだろうか。だとすれば、それは販売用の写真を撮影するに違いない。

衛星から撮った地球の画像や分析データを販売する地球観測ビジネスは好調で、Planetのような新興企業でひしめき合っている。同社は現在、民間としては最大規模の人工衛星ネットワーク(149基)を擁しているが、それもほかのスタートアップによってすぐに破られるだろう。ひょっとするとスペースXのような有名企業がやってきて、1万を超える人工衛星群に地球を撮影する装置を搭載し、あっという間に新興企業を押しつぶしてしまうかもしれない。

いまのところスペースXは、人工衛星にカメラを搭載する計画については明らかにしていない。そしてマスクは、その可能性についてコメントすることも、社内のエンジニアにインタヴューを許可することも拒否している。にもかかわらず、人工衛星にカメラを搭載するといういくつかの兆候がある。

スペースXは2015年、2基のプロトタイプ衛星に関してアメリカ海洋大気庁(NOAA)のライセンスを取得している。この件を発表した文書で、同社はこう説明している。「このライセンスにより、人工衛星が1機ずつ低解像度パンクロマチック動画撮影装置を搭載できるようになります。撮影装置は、地球や人工衛星自身の低解像度の画像や動画を撮影します。画像と動画を商業目的に使用する予定はなく、すばらしい地球の画像を一般に公表するなど、教育目的に使用する可能性があります」

スペースXは結局、これらのプロトタイプ衛星を打ち上げなかった。代わりに、新たに2基の人工衛星を組み立てた。第2世代のプロトタイプのためにFCCに提出した資料で、同社はこう説明している。「許可を申請した後に、ハードウェアの設計と配置に修正を加えました。このため、より優れたテスト環境となる別の実験用衛星について、許可を申請することを選択しました」

現在のところ、第2弾のプロトタイプ衛星のためのNOAAライセンスの資料は公表されていない。スペースXは年内に、これらのプロトタイプ衛星の打ち上げを開始する計画だ。だが、前出のFCCへの提出資料の表には、3種類の「テレメトリー(遠隔測定法)/動画」送信機が掲載されており、衛星が撮影した動画をこれらの送信機が地球へ送信することを示している。それはつまり、カメラが搭載されるということだ。

さらに、衛星コンサルティング企業Northern Sky Researchの上級アナリスト、キャロライン・ベレによると、カメラの搭載を示唆する記載がFCCの申請書類にあるのだという。それはスペースXの人工衛星の重量がおよそ385kgあり、競合するOneWebの衛星の2倍以上ある点だ。この差は間違いなく、通信関連に必要なもの以上の何かだろう。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 12:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc