ここから本文です

絶景を独り占め!オーシャンビューで疲れを癒したい国内宿5選

7/15(土) 20:50配信

ハーパーズ バザー・オンライン

海外のリゾート地もいいが、自然豊かな島国・日本にも、北から南まで素敵な宿がたくさん!見事なオーシャンビューを堪能できる部屋でのんびりリラックスして、たまには日々のストレスから解放されてみてはいかが?たまった疲れをいやしてくれる、絶景が味わえる日本国内の宿をご紹介。

【フォトギャラリー】絶景オーシャンビューが堪能できる国内宿、ほかの写真を見る

心のリゾート 海の別邸 ふる川

北海道・登別市の隣、白老にある「心のリゾート 海の別邸 ふる川」。古くからのアイヌの歴史が色濃く残るこの地で、太平洋に面した崖の上に立つ宿。
客室は全30室、洋風・和風含め11タイプ。うち28室はオーシャンフロントで、眺望にこだわった作りだけあり、大きな窓から見える海はまるで巨大な動く絵画のよう。愛犬と一緒に泊まれる部屋もあるので、愛犬家にもおすすめ。
テラスで海を眺めているだけでも充分なリフレッシュになるが、せっかく訪れるなら、温泉にゆっくり浸かったり、アイヌ文化を学んだり、名産の白老牛やタラコを堪能したり、ゴルフをプレイしたりと、さまざまなオプションも検討してみて。

■心のリゾート 海の別邸 ふる川
住所/北海道白老郡白老町虎杖浜289-3
tel.0144-87-6111
http://www.kokorono-resort.com/

里海邸 金波楼本邸

1100年以上も昔、巡礼地として大洗磯前神社が創建されてから、多くの人を魅了し続けてきたこの地の海と空。それを存分に堪能できるのが、波打ち際から30メートルに立つ、この「里海邸 金波楼本邸(さとうみてい きんぱろうほんてい)」。
120年余りの歴史を誇る旅館「金波楼」が前身で、2011年にリニューアルオープン。素朴なぬくもりとセンスのよさがあふれるシンプルモダンな宿で、居心地のよさに心と体がほどけ、満たされていくのが感じられそう。食事やパブリックスペースも充実。
常陸の土地の魅力がぎゅっと凝縮されたここで、神磯の鳥居の向こうから昇る朝日を眺め、海とひと続きになったかのような湯船に浸り、ささやかながらも贅沢なステイを実現しよう。

■里海邸 金波楼本邸
住所/茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6883
tel.029-267-2101
http://www.satoumitei.jp/

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。