ここから本文です

大阪の古豪に現れたエースと主砲。興国高、42年ぶりの甲子園なるか

7/15(土) 8:11配信

webスポルティーバ

 夏の甲子園出場をかけ、全国各地で熱戦が繰り広げられている。そんな中、全国屈指の激戦区である大阪で、興国高が古豪復活に向け順調なスタートを切った。

■初回6失点のベンチで…。大阪桐蔭を蘇らせた西谷監督の「言葉学」

 今年の興国には、春の大阪大会4試合で5本塁打を放った中野翔哉がいる。さらに、昨年のチームからエースで4番を担ってきた植田健人(たけと)もいる。大阪にはセンバツ優勝の大阪桐蔭、準優勝の履正社という2大強豪校が君臨しているが、投打に柱となる選手を擁する興国にも十分チャンスがあると見ている。

 そして大阪大会1回戦(対貝塚南戦)で植田は7回一死まで無安打という圧巻の投球を披露。以降も打たれたヒットは内野安打の2本だけでスコアボードに9つの「0」を並べた。一方、3番に入った中野は期待のホームランこそなかったものの1安打を放ち、次戦に期待を抱かせた。

 実は、今年の6月、興国が関東遠征に来たときに、彼らのプレーを見ている。相手は桐蔭学園(神奈川)だった。

 会場となった東京経済大のグラウンドは、両翼95メートル、フェンスの向こうに高いネットがめぐらされている。野球場というのは面白いもので、外野のネットが高ければ高いほどフェンスがすぐそこに見えて、こういう環境での長距離砲は「よし、狙ってやるか」と一気にテンションが上がってしまうものだ。

「粗くならなければいいが……」

 そんな心配が頭をよぎったとき、中野が最初の打席に入った。177センチ、93キロという堂々の体躯が、右打席で高くバットを掲げる。真ん中から外へわずかに滑るカットボールを引っ掛けて、サードゴロになった。

 マウンドに上がった桐蔭学園の柿崎颯馬(そうま)も、「将来はプロ」と心に決めた選手だ。この試合はピッチャーとしてマウンドに上がっていたが、本来は神奈川屈指のスラッガー。打ちたいヤツの心の内は手に取るようにわかっている。

 その後の打席でも、初球に落差の大きいカーブから入って、気負う気持ちを空転させる空振りでカウントを稼ぎ、徹底して中野にフルスイングさせまいと知恵を絞り込んだ。

 結局、この日は最後まで気負いと力みが出て、本来のスイングは見られなかった。ただ、内野手の正面に飛んだゴロでも、打ち損じのフライでも、中野は全力疾走でベースに向かう。きっと、野球にひたむきな高校生なのだろう。

 ひとつ残念だったことは、ウェイティング・サークルでの過ごし方だ。長距離砲を打席に迎えて、相手バッテリーが考えることは「いかにしてタイミングを外してやろうか」ということだ。コースを間違えないことも大切だが、それよりもタイミングだ。タイミングさえ外せれば、ど真ん中でもフェンス手前で失速してしまう。

 ウェイティング・サークルの中野を見ていたが、彼が投手のフォームに合わせてタイミングを取っている場面は、一度も見られなかった。タイミングを合わせる動作は、前の壁を意識した理想的なステップでスイングするから、気負っている日の体の開きも修正できる。ウェイティング・サークルでの意識が変われば、履正社の安田尚憲クラスのスラッガーになっても全然おかしくない。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか