ここから本文です

出先で「Macが勝手に変なWi-Fiに接続」してしまうストレスから解放される方法

7/15(土) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

筆者はよく、ノート型マシンを持ってコーヒーショップやコワーキングスペースに出かけるのですが、いざマシンをネットにつなごうとすると、外出先だけでしか起きない問題に悩まされます。愛機のMacが、スマートフォンとのテザリングや、その建物に配備されたWi-Fiではなく、ISP提供のネットワークにつながってしまうのです。まるで優先的に接続されるネットワークが決まっているかのようです。

【画像】出先で「Macが勝手に変なWi-Fiに接続」してしまうストレスから解放される方法

近くにISP提供のWi-Fiアクセスポイントがあるが、自分はデュアルバンド対応ルーターを持っていて、電波は届きやすいけれど速度が遅い2.4GHzではなく、5GHzの高速通信を利用したいというような時に、困ったことが起きがちです。特に、サイズの大きなファイルをダウンロードしていて、なぜこんなに時間がかかるのかと不審に思い、調べてみたら、けっこうなお金を出して買ったルーターを経由せず、遅いWi-Fiアクセスポイントにつながっていたとわかった時のガッカリ感はかなりのものです。

実のところ、MacでのWi-Fi接続にはれっきとした優先順があり、しかもそれは文字通りどちらが「上」に位置しているかによって決まっています。Mac OSでは、ネットワークへの接続の優先順は、「システム環境設定」内の「ネットワーク」リストに載っている順番に左右されるのです。

基本的にMacは、Wi-Fiネットワークを探す際に、過去に接続した実績のあるアクセスポイントのリストを上から順番に試し、接続可能な中で一番上にあるネットワークに接続します。この方式だと、当然ですが、Macが選んだ接続先はユーザーがつなぎたいネットワークとは限りません。とはいえ、この順番はシンプルなドラッグ&ドロップ操作で変更できます。

ネットワーク接続の順番を変更するには、まずは「システム環境設定」を開き、「ネットワーク」アイコンをクリックします。すると、ウィンドウの左側にネットワーク接続の選択肢が一覧表示されます。そこから「Wi-Fi」を選び、ウインドウの右下にある「詳細…」のボタンをクリックします。

すると、これまでに接続したことがあるネットワークの名前が、セキュリティ設定と共に一覧表示されるはずです。その中に、今後もう二度と接続することはないとわかっているネットワークの名前(以前に設定して今は使っていないものや、バスや飛行機で移動中に使ったWi-Fiアクセスポイントなど)を見つけたら、それを選び、リストの下に表示されている「-」の印をクリックして削除しておきましょう。

こうしてアクセスポイントの大掃除を終えたら、次は優先順の変更です! 原文筆者は、最優先したいWi-Fi接続を上に並べ替えました。職場のアクセスポイント、自宅の5GHzネットワーク、行きつけのカフェのルーターといったものがこれにあたります。代わりに、ISP提供のアクセスポイントなど、優先順の低いものはリストの一番下に移動させました。これは、ほかの接続手段がどうしても使えなかった時の、最後の頼みの綱に取っておくつもりです。

Patrick Lucas Austin(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事