ここから本文です

【永久保存版】美白成分総まとめ【美白の歴史も勉強しよう】 [VOCE]

7/15(土) 11:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

よく耳にする美白成分名だけど、実際には何をするの?という疑問に、ビューティサイエンティスト岡部美代治さんが答えてくれました。

1,ビタミンC系

酵素チロシナーゼの活性を抑制するビタミンCは、 不安定なのが弱点。そこで開発されたのが、肌に なじむとCに変化する誘導体で、働きはほぼ同じ!

[代表的なのはコレ!]
クラランス ホワイト-プラス ブライト ミルク ローション
まろやかなミルクテクスチャーで肌をふっくら柔らかくほぐして、次に続く美容液などのなじみ率をアップ!〈医薬部外品〉200ml

2,ニコチン酸アミド

ビタミンB3 (ナイアシン)の一種でSK-IIが独自に着目する美白有効成分。メラノサイトで生成されたメラニンが表皮の細胞へ受け渡されるのをセーブ!

[代表的なのはコレ!]
SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス
ニコチン酸アミドを含む独自の複合成分がイン。シミに加え、茶色、灰色、赤色の曇りまでケア。〈医薬部外品〉30m

3,4MSK

資生堂独自の美白有効成分で、サリチル酸の誘導体。シミ部位の慢性的な角化エラーに作用し、メラニン排出をスムーズに。チロシナーゼの活性も抑える

[代表的なのはコレ!]
クレ・ド・ポー ボーテ セラムコンサントレエクレルシサン
4MSKとm-トラネキサム酸を配合。角層の濁りや黄色化に多方面からアプローチ。〈医薬部外品〉40ml

4,エラグ酸

ライオンが独自に開発した美白有効成分でチロシナーゼの活性を抑制。ランコムのほか、DHCにもイン

[代表的なのはコレ!]
ランコム ブランエクスペール メラノライザー AI アドバンスト
エラグ酸とターンオーバーに働きかけるビタミンCGを組み合わせ、メラニンの生成を防ぐとともに分解を促進。〈医薬部外品〉50ml

5,コウジ酸

杜氏の手が透けるように白いことから発見された麹由来の美白有効成分。チロシナーゼの働きをブロック

[代表的なのはコレ!]
コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライト エクスプレス
コウジ酸がメラニン生成を食い止めると同時に、薄いモヤモヤの原因となるメラニンの塊の粉砕をサポート。〈医薬部外品〉40ml

1/2ページ