ここから本文です

【MLB】イチロー、田澤が後半戦初出場 田澤は新星斬りで今季初Hもチームは逆転負け

7/15(土) 11:12配信

ベースボールチャンネル

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手と田澤純一投手が、14日(日本時間15日)に本拠地で行われたロサンゼルス・ドジャース戦に出場。イチローは代打で死球、田澤は1回を三者凡退に抑え、今季初ホールドを記録した。

野茂の快挙にイチロー”伝説の一打”。MLB球宴、日本人選手の名場面5選

 イチローはチームが1-3と2点をリードされた5回裏に先頭打者で代打として出場。ドジャースの先発のマッカーシーの初球のカットボールを太ももに受け死球。思わずうめき声が漏れた。イチローはその後ゴードンの犠打失敗で二塁封殺となるが、チームはその回にスタントンとボーアの適時打で3点を入れ逆転した。

 一方の田澤は、チームが逆転した後の6回表に登板。先頭のドジャースの新星・ベリンジャーを低めのスプリットで空振り三振に打ち取ると、続くフォーサイスは初球を投手返しされるが、好フィールディングで投ゴロに打ち取る。そして、ピーダーソンを初球で遊直に打ち取り、三者凡退に抑えた。

 田澤はこの登板で今季初ホールドを記録。上々の滑り出しとなったが、チームは9回裏2死からラモスがプイグに3ランを浴び4-6で逆転負け。MLB最高勝率のドジャースに痛い逆転負けを食らった。

ベースボールチャンネル編集部