ここから本文です

球宴、全パが全セを抑え2連勝! MVPには同点弾含む3安打のデスパイネ

7/15(土) 20:28配信

ベースボールチャンネル

 マイナビオールスターゲーム第2戦が、15日にZOZOマリンスタジアムで行われ、全セが全パにで勝利した。また、この試合のMVPには同点本塁打と3安打を放った福岡ソフトバンクホークスのデスパイネ外野手が選出された。
 
 この日の先発投手は全セが菅野智之(巨人)、全パが則本昂大投手。菅野は2安打を打たれるも2回を無失点。則本はゲレーロ(中日)に自己最速となる158キロの直球を投げるなど、2回をパーフェクトに抑えた。

 試合は、3回に全セの小林(巨人)が金子(オリックス)から左翼スタンドへ完璧な本塁打を放ち1点を先制。シーズンでの本塁打数0ながら球宴での自身初打席で本塁打を放つ未来の「お祭り男」の片鱗を見せつけた。

 4回裏にはデスパイネ(ソフトバンク)がスタンドから演奏されるロッテ時代の応援歌に乗せてソロ本塁打を放ち同点とすると、5回裏には秋山(西武)が一塁線を抜ける適時打で勝ち越しに成功する。

 全パは7回裏に鈴木(ロッテ)が本拠地で本塁打を放ち、2点のリードを奪うと、8回表にはルーキーの黒木(オリックス)、9回表には谷元が抑え、3-1で全パが勝利した。これで通算成績は全パの82勝78敗11分。3連敗から1分を挟んで2連勝とした。

 この日のMVPには3安打と同点本塁打を放ったデスパイネが選出され、お立ち台でロッテ時代の決め台詞である「デスパ、いいね!」を披露。賞金の300万円が贈呈された。また、敢闘賞には3安打と勝ち越し打を放った秋山、先制弾の小林、そしてロッテの鈴木が選ばれた。

ベースボールチャンネル編集部