ここから本文です

山根千佳「高安は体毛が薄ければ調子がいい」に高安が「そうだよ」と認めた

7/15(土) 17:45配信

週刊女性PRIME

 初日から3大関、2横綱に土がつくという、波乱の幕開けとなった大相撲名古屋場所。その敗者の中には、なんと期待の横綱・稀勢の里に新大関の高安までもが含まれているだけに、ファンはヒヤヒヤ? でも場所は15日間、これからの巻き返しに期待したいところ。大相撲ファンである“好角ガール”山根千佳の注目力士について聞く! 

【この記事のすべての写真を見る】

 大相撲名古屋場所、ついに始まりましたね! 実は「3日目までを見れば、その場所の力士の調子がわかる」という相撲通は多いんです。この日までに土がつくと、優勝争いからは遠ざかるという傾向が……。

 特に横綱・日馬富士は顕著で、まさに3日目に星を落とすことが多いんです。逆に言えば、日馬富士らしいスピーディーな相撲で、3日目まで白星のみで終えられていたら、その場所のコンディションはすこぶる良好。今日まで、日馬富士に土がつかなかったら、優勝争いに確実に絡んでくると思いますよ♪

 全力士に注目したいのは山々なんですが、やっぱり新大関・高安は名古屋場所の顔といえるひとり! ここ数場所の強さは本物です。まわしを切る技術は天下一品ですし、パワフルな立ち合いからの突き落としにさらに磨きがかかっています。

 また、四つに組んでもあわてず、落ち着いて相撲を取れています。大関に昇進したことでプレッシャーからも解放され、どこまで強くなるのか楽しみでたまりません。先代の鳴戸親方(元横綱・隆の里)も「稀勢の里より高安のほうが横綱に向いている」とおっしゃっていたことがあるほどなので。ポテンシャルは十二分です。決して逃げない相撲を取る高安は“会場を沸かせる力士”。本当にカッコいいんです☆

 高安の調子のバロメーターのひとつは“体毛の濃さ”。見た目は目がクリクリ、毛深くて、まるでクマのような雰囲気がカワイイ高安ですが、調子がいいときは身体の毛が薄くなっているんです。

 というのも、ぶつかり稽古をしていると、身体の毛が擦れて抜け落ちていくそうです。つまり、場所前にいい稽古がたくさんできている証! かつて、ご本人に確認してみたところ、「そうだよ」と笑顔で答えてくれたので、間違いありません! (笑)。

1/2ページ

最終更新:7/15(土) 17:45
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)