ここから本文です

アンドロイドに「緊急停止ボタン」搭載へ 悪質アプリを防止

7/15(土) 10:00配信

Forbes JAPAN

アンドロイド端末を利用中のユーザーは、無名デベロッパーのアプリをインストールする際には気をつけたほうがいい。グーグルプレイストアにマルウェアが紛れ込むことはほとんどないが、全くないわけではないからだ。



ただし、グーグルは悪意あるアプリがストアに紛れ込まないように新たな対策を講じたようだ。開発者向けコミュニティサイトのXDA Developersで、アンドロイドに「パニックボタン」が組み込まれていることが発見されたと話題になっている。この機能は端末のスクリーン下の戻るボタンから作動するという。マルウェア関連の緊急事態が発生した場合、戻るボタンを4回素早くタップすることによって 緊急措置を命じるのだという。

XDAの分析によると、この「パニックモード」が起動されるとアプリがシャットダウンされ、ホームスクリーンに戻るようになっている。その後は問題のアプリのアイコンを長押ししてアンインストールすればよい。

「パニックモード」は現状ではデフォルトでは無効の状態だ。config.xmlに簡単な変更を加えることで有効にできるが、グーグルがデフォルトで有効にする判断を下すまで待っても良いだろう。今後、グーグルから新たなアナウンスがあることを期待したい。

Lee Mathews

最終更新:7/15(土) 10:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年12月号

株式会社アトミックスメディア

2017年12月号
10月25日(水)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。