ここから本文です

ボヌッチがミランと5年契約にサイン! 新キャプテン就任へ

7/15(土) 1:34配信

SOCCER DIGEST Web

文字通りのビッグサプライズとなる。

 現地時間7月14日、ユベントスに所属するイタリア代表DFのレオナルド・ボヌッチが、ミランのクラブオフィス『カーザ・ミラン』で5年契約にサインした。『スカイ・イタリア』の著名な移籍専門記者、ジャンルカ・ディ・マルツィオが報じている。
 
 同記者によると、年俸は650万ユーロ(約8億3200万円)+ボーナス、移籍金は4000万ユーロ(約51億2000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億5600万円)。また、キャプテンにも就任するという。メディカルチェックを終えた後、ミランからも正式発表があると見られる。
 
 文字通りビッグサプライズだ。セリエAを6連覇中の絶対王者ユーベの堅守の要が、中国資本となりここまで8人の新戦力を迎える大型補強を敢行中とはいえ、4年連続でチャンピオンズ・リーグ出場権すら逃しているミラン(新シーズンはヨーロッパリーグ予選から)に移籍するとは、誰も予想できなかった展開である。
 
 ボヌッチは今年2月のパレルモ戦で激しい口論となったマッシミリアーノ・アッレグリ監督との関係が破綻し、今夏のユーベ退団を決意。7月10日前後に代理人のアルフレッド・ルッチがミランに売り込みをかけ、すべてがここから一気に動き出した。
 
 本人さえ望めば、昨夏からオファーがあったチェルシーやマンチェスター・Cへ、より高額の移籍金と年俸で移籍できただろう。しかし、ボヌッチは家族の意向もあってイタリア残留を希望。これを聞きつけた古巣インテルも間髪入れずにオファーを出したというが、すぐにミランと基本合意した。
 
 ミランとユーベの交渉は、サポーターとの関係が悪化して退団を希望し、恩師のアッレグリ監督が獲得を望むマッティア・デ・シリオ+金銭で交渉がスタート。最終的には両者を分けて話し合うことになり、まずは「ボヌッチはミランにしか、デ・シリオはユーベにしか売らない」という紳士協定を締結する。そしてまずはボヌッチに関する交渉が優先され、わずか2日で一気にまとまった。
 
 インテルの下部組織出身のボヌッチは、トレビーゾ、ピサ、バーリを経て、2010年夏から7シーズンに渡ってユーベで活躍。公式戦通算で319試合・21得点を記録し、セリエAを6回、コッパ・イタリアを3回制した。
 
 今後はミランのキャプテンとして、中国資本となった新生ロッソネーロを最終ラインから統率することになりそうだ。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

最終更新:7/15(土) 1:34
SOCCER DIGEST Web