ここから本文です

欅坂46・齋藤冬優花&土生瑞穂を直撃!「(長濱)ねるの存在は大きかった」

7/15(土) 7:00配信

ザテレビジョン

7月13日に「SHOWROOM」にて生配信された「Huluで私達と一緒に“一足先に”『残酷な観客達』の最終回を観ようLIVE」に、欅坂46・齋藤冬優花、土生瑞穂が登場。Hulu視聴者と共にドラマにツッコミを入れたり、撮影エピソードを語ったり、時に絶叫したり、視聴者との生の交流を楽しんだ。

【写真を見る】88(パチパチ)のポーズを決めるキュートな土生瑞穂

WEBサイト「ザテレビジョン」は、この生配信に密着し、密着後2人にインタビューを行った。

■ 齋藤冬優花&土生瑞穂インタビュー

――SHOWROOM配信を終えていかがですか?

土生:いや~、緊張したよね?

齋藤:うん! でも本当に初めて最終回を見たので、一緒に見ている方と感情を共有できたりとか、コメント欄で(結末を)想像して考えてくださっている方と、私たちが話している考察が違ったりして、ここでもういろいろ違う想像が生まれるんだなと。新しいなと思いました。

土生:1人1人いろいろな解釈があるんだなと思いました。

――特に印象に残っているシーンは?

土生:夏前に、プールでも撮影をやらせていただいたんですけど、プールを間近で見るのが学生以来だったんです。行ったときに「あっ! プールだ~!って興奮して泳ぎたかったんですけど、泳げず。でも、匂いもプールの匂いがして、懐かしいなって思いました。

齋藤:私は(9話で)みんなと合流するシーンですね。メンバーによって役割はそれぞれあって、そこまであまり私がピックアップされることはなかったので、急にその役割がきたのがうれしくて、とても思い入れ深いです。

――急にバッと出てきましたもんね。少し怖かったです(笑)。

齋藤:あれは結構撮り直したんですよ。私って走り方が変で(笑)、あそこは怖い感じで走ってくるシーンなので、走りが重要なんです。でも、昔から走りがドタドタしていて、監督さんに教えていただいたりとか、どうやったら怖くなるかを自分でも研究してやりました。

――「徳山大五郎を誰が殺したか」(テレビ東京系ほか)のときと比べ、心境の変化や前よりここは成長したと思った点は?

土生:今回は普通の女子高校生役をやらせてもらえたので、新鮮でした。演技に関しても「徳山大五郎―」のときとは違った演技をしなきゃいけなかったので、すごく勉強になったし、演技って難しいなってあらためて思いました。

齋藤:前回は結構やりたい通り自由にできたと言いますか、メンバーの個性がそのままドラマの役に生かされていたのですが、今回は監督さんからの演技指導が細かくて、やりやすい面もある半面、監督さんが求めているものに近づかなきゃいけないという、プレッシャーもありました。

今回は本当に演技が求められて、前とは全然違った現場だったので、楽しかったです。

――本作を踏まえて、次にやりたい役や作品などはありますか?

土生:今度は真逆な役をやってみたいです。何かちょっと怖い人…?(笑) 今回の作品で言えば、(長濱)ねるとか、そういう今まで挑戦したことがない役をやってみたいです。

齋藤:具体的ではないんですけど、メンバーがまた全員出ていて、アイドルと学生を両立している人を演じてみたいです。今、私たちはアイドルをやらせていただいているんですけど、ドラマの中でもアイドルで。アイドルがアイドルを演じるというのも面白いかなと思っています。

土生:確かに面白いかも!

齋藤:また違ったアイドル像が見られそうだなと思います。あとは個人的には、「徳山大五郎―」で渡辺梨加がやっていたような、ちょっと変わり者っぽい役もいいですよね。

私は結構サバサバしていて、思ったことをパッと言えるタイプの人間で、「変わっているね?」とはあまり言われないので、何を考えているのか分からない役とか、表情の演技も重要だと思うので、やってみたいです!

――最終回までご覧になったところで、お二人が選ぶ“MVP”は誰でしょうか?

土生:役的にはねるですかね。ねるにはずっとだまされていた気がして(笑)。ねるが言う言葉一言一言が深かったので、ねるの存在は大きかったのかなと思います。

役を離れてメンバーそれぞれを見返すと、以前と比べて演技も上手になったというか、私が言える立場じゃないんですけど、せりふもスラスラと言えるようになっていたし、役に入り込めているなという感じが作品を通してありました。

齋藤:私は石森虹花です。メインの子が喋っているカットでも、後ろの方で演技が細かくて、目の演技も本当にすごくて、私は演技をやっていて入り込んでいるつもりでも、画面で見ると全然できていなかったり、意外と動きが小さかったりしていたのですが…。

虹花の演技は、生で見るとオーバーとは言いませんが、大きく動いているなあって見えたりもするんですけど、画面で見るとちょうどいいんですよ! そういう点でもみんなとはちょっと違うし、一番演技がうまいなと最初からずっと思っているので、やっぱりMVPは彼女だと思います。

■ 7月19日(水)放送・最終話STORY

職員室に閉じ込められた生徒たちは再びタブレットからの1人5万「いいね!」の指令にうなだれるも、出席番号17番・葉山ゆずき(平手友梨奈)は意外にも最初にクリアしてしまう。

しかし、親友の14番・永嶺みこ(長濱)やみんなと離れ離れになる寂しさや怖さと、この数日間の出来事を思い出し、全員でここから出ることを決意する。

生徒たちは観客たちに必死のアピールをするが、やがてタブレットに寄せられたコメントの内容に違和感を抱き始め、誰かが操作をしているのではと疑問に思う。全員での脱出と生還を信じて、生徒たちは一斉に行動を起こし始めるが…。

最終更新:7/15(土) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)