ここから本文です

遺伝子組み替え作物は実は危険じゃなかった! むしろ農薬使用量が激減し安全

7/15(土) 15:50配信

HARBOR BUSINESS Online

 いまもネットで議論が絶えないのが、「遺伝子組み換え作物」の問題です。

 遺伝子組み換えとは、ある生き物から役に立つ遺伝子だけを取り出し、別の生き物に組み込んでいく技術のこと。日本では、大豆食品やスナック菓子などに、大量の遺伝子組み換え作物が使われています。

 その安全性については昔から否定論が多く、ネットで検索をかければ「遺伝子組換え作物を食べて奇形化したラット」の哀れな画像が大量にヒット。思わず身ぶるいさせられます。

 さらに2015年には、台湾政府が給食から遺伝子組換え作物の完全排除を決めたのも話題になりました。遺伝子組み換えの安全性には科学的な合意がなく、毒性の強い農薬が大量に使われているというのです。

 事実ならば恐怖の一言ですが、遺伝子組換え作物への批判は、どこまで的を射たものなのでしょう? 本当に科学的な根拠はあるのでしょうか?

 まずは、遺伝子組み換え食品で奇形化したラットの問題から見ていきましょう。

 ネットに出回る奇形ラットの画像は、2012年の動物実験が出どころになっています(1)。カーン大学の研究チームが、ラットに遺伝子組換えのコーンを食べさせたところ、次々に悪性の腫瘍が発生したという恐ろしいデータです。体の節々がふくれあがったラットの姿はあまりにも悲惨で、遺伝子組換えの否定派が大騒ぎしたものムリはありません。

 ところが、この論文には、発表後から「実験のデザインがおかしい」という指摘が多く上がりました。

 この実験の問題点は、大きく2つあります。第一に、遺伝子組み換え食品を与えたラットの数は20匹程度であり、とても統計的な検証に耐えうる数ではありません。

 さらに大きな問題が、この実験ではアルビノラットを使っている点です。アルビノラットはもともと癌になりやすい生き物で、あるデータによれば、18カ月の間に自然に腫瘍ができる確率は45%にものぼります(2)。

 これらのポイントが指摘されたため、カーン大学は後に論文を撤回し、いまも再提出は行われていません。論文としての妥当性は失われたと見てよいでしょう。

◆メタ分析では「安全性に問題なし」

 それでは、「遺伝子組み換えの安全性には科学的な合意がない」との指摘はどうでしょうか?

 この問題ついては、2012年にAAAS(アメリカ科学振興会)が以下の声明文を出しています(3)。

『科学的な結論は明確だ。バイオテクノロジーの分子技術による現代の作物改良は安全である。(中略)WHOや米国医師会、米国科学アカデミー、英国王立協会といった組織がリサーチを行い、いずれも同じ結論に達している』

 AAASは世界でもトップクラスの科学団体です。科学に絶対はありませんが、ひとまず「科学的な合意はある」と考えるべきでしょう。

 ここまで大勢の科学者が遺伝子組換えの安全性を支持するのは、精度の高い証拠があるからに他なりません。

 もっとも有名なのは2012年にペルージャ大学が行ったメタ分析です。2002~2012年に出た1,783件の実験データをまとめた膨大な調査で、科学的な信頼度はピカイチと言えます。

 その要点は以下のようなものです。

・科学的なデータは、遺伝子組み換え作物の安全性を確認している。遺伝子組み換えは、環境にも人体にも問題がない。

・遺伝子組み換え作物のなかに、特殊なアレルゲンや毒物が見つかったという事実もない。

・遺伝子組み換えが生態系を乱すという証拠もない。

かなり徹底的に安全性を認めており、このデータを批判派がくつがえすのは難しいでしょう。

◆農薬の使用量を減らし、収穫量も増やせる!

もうひとつ、2014年に行われたメタ分析では、147件の実験データをもとに、「遺伝子組み換えと農薬の問題」についても精度が高い結論が出ています。こちらの要点は以下のとおりです。

・遺伝子組み換え技術を使うと、農薬の使用量を最大37%まで削減できる

・逆に穀物の収穫量は22%まで増やすことができる

 毒性の高い農薬が使われるどころか、遺伝子組み換えは農薬の絶対量を減らし、逆に安全性を高めてくれるわけです。農薬への依存度が高い後進国などにとっては、まことにありがたい技術だと言えるでしょう。

 そんなわけで、いまのところ遺伝子組み換え作物に関しては、

1.危険性は動物実験でしか確認されておらず、そのデータの精度も怪しい

2.質の高い研究ほど遺伝子組換えの安全性を保証している

 というのが現代科学の結論。遺伝子操作には本能的な恐怖を抱いてしまうのが人情かもしれませんが、いたずらに怖がる理由はありません。

1.Gilles-EricSéralini (2012)Long term toxicity of a Roundup herbicide and a Roundup-tolerant genetically modified maize

2.J. D. Prejean(1973)Spontaneous Tumors in Sprague-Dawley Rats and Swiss Mice

3.AMERICAN ASSOCIATION FOR THE ADVANCEMENT OF SCIENCE(2012)Statement by the AAAS Board of Directors On Labeling of Genetically Modified Foods

4. Alessandro Nicolia (2012)An overview of the last 10 years of genetically engineered crop safety research

5.Wilhelm Klümper(2014)A Meta-Analysis of the Impacts of Genetically Modified Crops

<文/Yu Suzuki>

【Yu Suzuki】

月間100万PVのアンチエイジングブログ「パレオな男」管理人。「120歳まで生きること」を目標に、日々健康維持に励んでいる。アンチエイジング、トレーニング、メンタルなど多岐にわたり高度な知見を発信している。NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。11月11日、初の著書『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』(扶桑社)が発売。

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:7/15(土) 15:50
HARBOR BUSINESS Online