ここから本文です

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第5回・時代を先取りしたセダン。日産・セフィーロ(初代)

7/15(土) 16:33配信

clicccar

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第5回は、時代を先取りしたパーソナルセダンに太鼓判です。

【この記事に関連する別の画像を見る】



ローレルともスカイラインとも違う、まったく新しい小型上級セダンを作りたい。1988年、遊び心を表現するべく起用した、井上陽水のユニークなCMとともに登場したのが初代セフィーロです。

ソフト・シェイプなボディは、前年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー、ARC-Xで打ち出したテーマ。従来の「大きく見せる」造形から一転した、当時の日産の勢いを感じる表現です。

フロントは全面を樹脂パネルでカバー、特徴的なプロジェクターランプを収めつつ独自の表情としました。これはダーク調でまとめたリアパネルも一緒で、シンプルなボディと同一化させた意欲的な発想です。



ボディ全体は柔らかな形状ですが、プレスドアによるピラー表現は力強く、決して貧弱なイメージはありません。シンプルなサイド面は、短いモールとプレスライン1本という最小限の材料で、絶妙のアクセントを生んでいます。

インテリアでは、インパネもまたシンプルな面で構成され、骨太感を兼ね備えました。また「ダンディ」と名付けたファブリックは非常に高い質感を持ち、肩口まで生地で覆ったドア内張りとともに豊かな空間を演出。



採用案につながるキースケッチを描いたのは、後にアウディで活躍した和田智氏。上辺の表現ではなく、シンプルで本質的なデザインを標榜する氏の発想は、まったく新しいセダンという企画にマッチしたようです。

現在では、欧州勢を筆頭に4ドアクーペと称されるスタイリッシュなセダンが市場に溢れていますが、80年代後半には時代を先取りした国産セダンが誕生していました。時代を問わず、クルマの開発において高い「志」がいかに大切なのかを物語っているようです。

●主要諸元 日産セフィーロ(4AT・HICAS-Ⅱ)
型式 E-A31
全長4690mm×全幅1695mm×全高1375mm
車両重量 1350kg
ホイールベース 2670mm
エンジン 1998cc 6気筒DOHC24バルブターボ(RB20DET)
出力 205ps/6400rpm 27.0kg-m/3200rpm

(すぎもと たかよし)

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】

第9回・人気者に隠れた先進セダン。トヨタ・カローラ 4ドアセダン(5代目)
https://clicccar.com/2017/08/23/503349/

第8回・時代を越えるデザインを示した名作。いすゞ・ピアッツァ(初代)
https://clicccar.com/2017/08/15/501483/

第7回・新たな軽のスタンダードを生んだ、スズキ・ワゴンR(初代)
https://clicccar.com/2017/07/31/497205/

第6回・スバルの新時代を築いた世界戦略車。スバル・レガシィ(初代)
https://clicccar.com/2017/07/24/494176/

第5回・時代を先取りしたセダン。日産・セフィーロ(初代)
https://clicccar.com/2017/07/15/492065/

第4回・SUVの本質的な個性を表現。トヨタ・RAV4(初代)
https://clicccar.com/2017/06/21/481921/

第3回・野心的スタイルと高性能が融合。三菱・ギャラン(6代目)
https://clicccar.com/2017/06/05/477210/

第2回・スポーティでありながら極めて実用的。ホンダ・クイント インテグラ(初代)
https://clicccar.com/2017/05/21/474069/

第1回・マツダデザインの原点。マツダ・ユーノス500
https://clicccar.com/2017/05/13/471947/

最終更新:7/15(土) 16:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)