ここから本文です

「青春18きっぷ」を使って乗りたい「中部地方の絶景路線」5選

7/16(日) 12:30配信

マネーポストWEB

 まもなく待ちに待った「青春18きっぷ」のシーズンがやって来る(発売期間:7月1日~8月31日、利用期間:7月20日~9月10日)。「青春18きっぷ」は、北は北海道から南は九州まで、1日あたり2370円でJRの普通列車が乗り放題。今年の夏は、ぜひ「青春18きっぷ」で鉄道旅行に出かけてみませんか? けれども「どの列車に乗ったらいいか分からない」という方も多いはず。そこで今回は、「青春18きっぷ」をこれまで100回以上利用し、日本全国のJR線をほぼ乗り尽くした鉄道旅行マニアの男性(40代)が、中部地方の絶景路線を5線紹介します。

【小海線(小淵沢~小諸)】

「全国各地には“絶景路線”と呼ばれる路線がありますが、全線にわたって素晴らしい景色が広がるのがこの小海線です。小淵沢を出ると、まずは甲斐駒ケ岳、続いて八ヶ岳が望める小海線は、日本を代表する山岳路線。標高1345mの野辺山駅を筆頭に、“標高が高い駅ベスト10”の9位までを小海線が占めています。

 沿線には日本を代表する山々がそびえ立っており、雄大な八ヶ岳の裾野を延々と走る小海線には、『八ヶ岳高原線』という愛称が付けられています。高原野菜を作る畑が広がり、清里や野辺山など、避暑にも最高のリゾート路線です」

【氷見線(高岡~氷見)】

「氷見線は全線わずか16.5kmしかありませんが、短いながらも見どころが多い路線です。高岡駅を出発すると、列車はしばらく市街地を進みますが、越中国分駅を過ぎてしばらく経つと、突如進行方向右側に富山湾が広がります。平凡な風景が突如絶景に変わるギャップには、思わず声が出るでしょう。

 しかしチェックするべきは富山湾だけでなく、富山湾越しに立山連峰を望むことができます。なお、終点の氷見は、藤子不二雄Aさんの出身地ということで、氷見線には『忍者ハットリくん』のイラストが描かれた『忍者ハットリくん列車』が走っています」

【大糸線(松本~糸魚川)】

1/2ページ

最終更新:7/16(日) 12:30
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。