ここから本文です

モデル松本孝美さん自炊派の「自家製調味料」公開! [おとなスタイル]

7/16(日) 10:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

多くの女性誌でモデルとして活躍中の松本孝美さん。日々忙しい松本さんだが、圧倒的に自炊の割合が多いという。
「健康や美容のためでもありますが、料理は私にとって一番のストレス解消。調理していると脳がそのことだけに集中できる。しかも、味覚や嗅覚といった五感も使います。それがいいのか、嫌なことも知らない間に忘れてしまう。
中でも、自分のためだけに調理する時間は大事です。先週行ったあのお店の味、再現してみようかな、という冒険もできる。ただ時間をかけられないときも多いので、時間があるときにいろんな種類の手作り調味料や常備菜を作り置きしています。複数作っておくと、かけ合わせることで料理のバリエーションは無数に増やせる。省ける手間は省いて、楽しみや好みの味を追求するのが私らしいのかもしれません」

ひとりご飯だからこそのこだわり

(写真左から)
らっきょう紅芋酢漬け:らっきょうを紅芋酢とはちみつと共に1ヵ月以上漬ける。

青唐辛子のナンプラー漬け:青唐辛子は一日天日干しし、小口切りしてナンプラーと一緒に鍋に入れて沸騰させて火を止め、1日寝かせる。

なめ茸:えのき2パックを食べやすく切り、しょうゆ大さじ4、酒大さじ4、米酢小さじ1を鍋に入れ、煮詰める。

にんにくオイル:みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで漬ける。

実山椒のしょうゆ漬け:実山椒は堅さがなくなるまでゆで、1時間水にさらし、水気を切る。しょうゆ(実山椒がかぶるくらいの量)といっしょに鍋に入れ、沸騰したら火を止める。

骨董品店で見つけたものなどお気に入りの器。割れてしまったものは金継ぎを施して使い続けている。

■Profile
モデル 松本孝美さん
まつもとたかみ
1965年生まれ。大阪市出身。モデルとしてCMや女性誌を中心に活躍。おしゃれな小物や雑貨選びに定評があり、ライフスタイルも注目されている。

〈松本さんのインスタグラムをチェック〉
料理好きの松本さんがほぼ毎日更新しているインスタグラム。料理のレパートリーの多さはもちろん、器へのこだわりや盛りつけ方など、松本さんの丁寧な暮らしぶりが垣間見られます。


『おとなスタイル』Vol.7 2017春号より
撮影/前 康輔